▶HOME | ▶お知らせ | ▶映画祭の歩み | ▶上映案内 | ▶上映作品 | ▶上映日時 | ▶映画塾

しまね映画塾2006in安来


しまね映画塾2006in安来

しまね映画塾2006in安来

「映画塾作品発表」パンフレットより
「映画塾作品発表」パンフレットより

雨ニモマケズ、風ニモマケズの13本

 9月16日早朝、安来市に向かう車のフロントガラスにぶつかる大きな雨粒、そして風。4回目のしまね映画塾は台風直撃というシーンから始まりました。「もしかしたら中止に?」と隣席の広報部会長N氏に問い掛けると「う・・ん」という答え。過去の映画塾は全て天候に恵まれ、台風到来など夢にも思っていなかったのです。複雑というより漠然とした不安な気持ちで安来市内の塾本部に到着しました。しかし、会場に集合していた塾生の皆さんの顔を見たとき、不安な気持ちは吹っ飛んでしまいました。熱気ムンムン、やる気満々の笑顔!

 すでに行動を起こしているグループもありました。「雨風からどうしてマイクを守る?」「カメラを濡らさない方法は?」即、カメラは透明なビニールのゴミ袋で包むというアイディアが採用され、最後までこの方法が使われました。(実際に、プロの撮影でもこの方法をとることがあるようです。)「映画撮影の現場では何が起きるか解らない。マイナスをプラスに変える方法を考える!」錦織良成塾長の日頃の教えが今回見事に実践されました。雨の止み間を狙った撮影、台本に縛られず状況設定の変更を行う等々…。こうして「雨ニモ、風ニモ負ケズ」3日間の映画塾は無事終了しました。天の恵みもありました。台風は後半からは次第に弱まり、カメラに収められた画の繋がりも思ったほど不自然ではなかったという声が聞けたのは、スタッフの一員としてとても嬉しいことでした。

 そして、今年も塾生の皆さんの中からこの言葉が聞かれました。「年齢も職業も異なるけど、昨日まで顔も知らなかった映画好きな者たちが、1本の映画を完成させることで生涯の友達になれるかもしれない」。今年の公募脚本数は55本。完成作品は13本。電話帳ほどの厚さになった脚本を読み通し、審査することは大変な作業でもありました。しかし、これは序の口。準備段階からロケハン、宿舎の手配、撮影スケジュールの管理まで映画塾を支えて下さった安来市、やすぎ名画シアターを中心とした大勢のスタッフの方々に心よりお礼申し上げます。<しまね映画祭企画委員長 杉谷むね男>

 

しまね映画祭、しまね映画塾は“島根方式”のオリジナルイベント!


 祝!しまね映画祭15周年!!

 スクリーンで映画を・・・の想いで日本一(世界一?)長い開催期間の映画祭として認知度も高くなってきた島根式映画祭を支えて来られた関係者、スタッフの皆さんに改めて敬意を表したい。全国的にはスクリーンの数が増え続け一説には1970年代頃に戻ったとか。数年前には想像もしなかったが邦画の動員が洋画を超える現在、島根には映画館が4館しかない。この“格差”を埋める意味でも15周年を迎えた今こそしまね映画祭の存在は“旬”である。そして塾長などという大役を仰せつかった映画塾も四年目を迎えた。これもまた島根だからこそ、島根らしく開催される他にはないオリジナルな映像塾になった。“座して教えを請うよりも進んで体験せよ”を心情に試行錯誤、暗中模索してきた映画塾が盛り上がっているのはひとえに塾生自身の熱意とそれを支える事務局のスタッフの熱意の化学反応によるものだ。私たちの想像を超えた化学反応が起きた。

 みんなの顔が輝き、時には涙で語る塾生の姿に触れるにつけ、参加した人の映画塾であり、彼らだけが知る凝縮された三日間なんだと改めて思う。よく映画好きの人が集まって・・・といわれるがほとんどがはじめて映像に関わる人たち。映画研究会でも映像マニアでもなんでもない職業も年齢も違う人々が初めて出会い、作品作りに没頭する。時には生まれて初めてカメラを持つ“カメラマン”がいたりする。そして合宿撮影によって紡ぎだされる珠玉の作品たちはどれも輝いている。私自身、この三年で生み出された三十数本の塾生作品の魅力にはまった一人なのだ。皆さん心して(笑)ご覧いただきたいと思う。<錦織良成>

インフォメーション

<last update 2007.5.12>
■2007.6月24日(日)「しまね映画塾2007IN大社」ガイダンス ゲストに長谷川初範さん決定!

■2007.3月24日(土)安来節演芸館で「しまね映画塾IN安来」13作品+メイキング映像上映!

■2007.3月4日(日)錦織良成監督 シネマ&トークin大社「出雲の宝物」が開催されます。

■2006.12.17(日)しまね映画塾2006ファイナル・セッション〜こうすればもっと良くなる13作品

■2006.11.19(日)クロージングイベント「映画塾作品発表」レポート

■2006.11.19(日)しまね映画祭2006クロージングイベント「映画塾作品発表」開催

■2006.10.21(土)22(日)出前映画塾IN大社

■2006.9.16(土)〜18(月・祝)撮影合宿

■2006.8.20(日)安来市民会館でスタッフィング・キャスティング発表

■2006.6.18(日)しまね映画祭2006第1回公開講座&映画塾ガイダンス


しまね映画塾2006in安来 13作品リスト

  • 金屋子女神恋之道行
  • おじいさんのかざぐるま
  • タクシー
  • 冥土in安来
  • 清水奇譚
  • うえをむいて
  • 心模様
  • シャボン玉ホリデイ
  • さいるい雨。
  • よわ虫弱之進
  • 里山
  • おじさんのはなし
  • やすぎのオヤジ