▶HOME | ▶お知らせ | ▶映画祭の歩み | ▶上映案内 | ▶上映作品 | ▶上映日時 | ▶映画塾

しまね映画塾2008シナリオ募集<6/30必着>

しまね映画祭2008/松江開府400年祭

『しまね映画塾』塾生が製作する短編映画のシナリオ募集

〜観光パンフレットにも載っていない美保関町の魅力を描いてください〜


しまね映画祭では、誰でも参加できる映画の製作体験の場所として「しまね映画塾」(塾長:錦織良成/映画監督)を開催しています。

9月13日(土)〜15日(月・祝)の3日間、松江市美保関町内で撮影合宿を行い、塾生がデジタルビデオで撮影し映画を製作します。その作品のシナリオを下記の要項により募集します。

募集要項

どなたでもご応募できます。美保関町を舞台にしたあなたの物語が映画になるかもしれません。

■募集内容

  1. 応募者によるオリジナルな内容で映画化を目的とした未発表のシナリオ(脚本)。
  2. 撮影地は美保関町内に限ります。みんなが知らない美保関町の魅力を作品にしてください。
  3. 作品のテーマ及びジャンルは問いません。(SF、時代劇、エンタテイメント等何でもOK)
  4. 作品のボリュームは、表紙1ページ・本文7ページ以内とします。(1ページあたりの字数は400字)。映画化する場合、5分以内の作品になることを想定してください。

■応募形式

参考資料(クリックで拡大)
参考資料(クリックで拡大)
  1. 用紙はA4サイズ横長で、縦書きしてください。1ページの行数・字数は20行×20字としてください。手書きの場合はA4サイズ横長の縦書き400字詰め原稿用紙を使用してください。
  2. 原稿には必ず表紙を添付し、作品の題名(タイトル)・登場人物表・企画意図(物語を書いた動機や、伝えたいメッセージなどを記したもの)を1ページ以内にまとめてください。
  3. 作品の題名(タイトル)の前に<しまね映画塾2008応募作品>と明記してください。
  4. 別紙に、作者のお名前(本名)・ペンネーム(希望者のみ)・性別・生年月日・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレスを記載し、原稿と同封してください。

 

■応募締切

6月30日(月)必着(遅れて届いた場合は無効といたします)

■応募方法

  1. 提出は、データ・紙原稿のいずれかを下記までご送付ください。
  2. データで提出する場合は、WindowsOSによるWORD・一太郎、またはAdobe PDFのいずれかのファイル形式で、メールに添付するか、フロッピーディスクまたはCD-Rをお送り下さい。
応募先【送付】
〒690−0887 松江市殿町158番地 島根県民会館
しまね映画祭実行委員会「映画塾シナリオ募集」係
【E-mail】eigasai@cul-shimane.jp

■その他

  1. 応募シナリオの全てを1冊の冊子にまとめ、撮影に参加する塾生としまね映画祭実行委員会に配布して選考し、その中から数作品を塾生により映画製作します。
  2. 塾生製作作品として選ばれたシナリオの映像化権は、主催者であるしまね映画祭実行委員会に帰属します。
  3. 映像化された作品は、上映会やテレビなどで発表したり、国内・海外のショートフィルム映画祭へ出品する場合があります。
  4. 応募原稿の返却は一切いたしませんので、必要な方は予めコピーをおとりください。
  5. 選考結果に関するお問い合わせ、質問には応じかねます。
  6. ご応募にあたっての個人情報は、しまね映画塾および映画祭の実施のために必要な場合に限り、使用させていただきます。