▶HOME | ▶お知らせ | ▶映画祭の歩み | ▶上映案内 | ▶上映作品 | ▶上映日時 | ▶映画塾

映画塾ガイダンス終了!

しまね映画祭2010プレイベント

しまね映画塾2010in津和野ガイダンスレポート


6月27日(日)、津和野町町民センターで行われました。
受講生50人に津和野町のボランティアスタッフの皆さん約20人の総勢70名が集まりました。

ガイダンス
午前中は錦織塾長によるシナリオ講座。
シナリオを書くポイントの他にも、津和野町の見どころをご紹介いただくコーナーや、過去の作品を参考に観てみたりなど、「テクニックより情熱!!」というメッセージが詰まった充実の1時間半でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

考え中
午前中の最後にはシナリオを書いてみよう!!ということで、それぞれがシナリオ作成にチャレンジ。
あらかじめ津和野の下調べをして来られた方もいたり、アイディアがまとまらなくて時間がかかる方もいたり。みなさん悩んでいます。
そして約1時間の間に42もの脚本が集まりました。例年は結局書けずじまい…の方もいるようですが、今回はほぼ全員が書けたことになりますね。
 
 
 
 
 
 
 

 

交渉中
42のシナリオの中から選ばれた7つのシナリオを使って、午後からは実際に撮影。
シナリオを書いた人が監督、カメラを持ってきた人がカメラマン。どの人に自分の作品を撮ってもらうかは、その場の交渉次第。
監督とカメラマンのペアが決まったら今度はそのほかのスタッフと出演者の交渉。初めて会った人だけど人見知りしている場合ではありません。午前中と打って変わって会場はとても賑やかになりました。
 
 
 
 
 
 
 

 

撮影中
撮影チームが決まり、撮影場所を津和野町スタッフのみなさんが交渉してくださり、実際に撮影へ出発。
この頃から外の雨がどんどんひどくなり、みんなびっしょりになって撮影しました。足を滑らせて転んでしまった人も…。

 

 

 

 

 

 

 

 

講評中
約2時間の撮影を終え、町民センターに帰って本日の成果を上映。
塾長からの講評の他にも、各チームの監督さんに初めての監督体験の感想を聞いてみたり、受講生から塾長へ質問が飛び出したりと、今日の成果を語る場となりました。


初めは「どんなことをやるのか…」と戸惑いの表情が多かったのが、終わった頃にはとても充実の表情を浮かべて皆さん帰路についた様子でした。
9月の撮影合宿ではもっともっといろんなことが起こるでしょう。

さて、いよいよ本格的に映画塾始動です。
シナリオと塾生(スタッフ、キャスト)をただいま大募集中です!!
注意事項をよく読んで、どしどしご応募くださいね!
募集要項はこちら