ホーム » 平成23年度(2011年度)ニュースリリース » 11/12(土)しまね文化力シンポジウム「物語を生み出す土地の力」の開催について

平成23年11月7日

しまね文化力シンポジウム「物語を生み出す土地の力」の開催について

島根県民会館では、来る11月12日(土)、『しまね文化力シンポジウム「物語を生みだす土地の力」』を開催いたします。
このシンポジウムは、『古事記』や『出雲国風土記』など、島根から生まれ、多くの人々を魅了し続ける数々の神話や物語を題材に、パネルディスカッションと映画の上映によって、歴史と伝統に裏付けられた島根固有の文化が持つ力=「しまね文化力」の魅力と可能性を探ります。
第1部では、古代出雲研究の第一人者・藤岡大拙氏と民俗学者で小泉八雲を曽祖父に持つ小泉凡氏、島根を題材に独自の作品作りを続ける映画監督・錦織良成氏の3人によるパネルディスカッションを行い、第2部では、2006年に全編雲南市でロケが行なわれ、神話が重要なモチーフとなった劇場映画『うん、何?』を上映します。
本年3月11日に発生した東日本大震災以後、我々が生活を送るそれぞれの地域の特性や土地が持つ歴史との関わり方が大きく見直される中、より多くの皆様にご来場いただき、土地の力を再考する機会としていただきたいと考えております。
つきましては、報道関係者の皆様には、本事業の主旨に格別の御理解・御賛同いただきますとともに、本事業の周知ならびに取材について、格別の御協力を賜わりますようお願い申し上げます。
リリース資料(PDF)
→島根県報道発表資料

【しまね文化力シンポジウム「物語を生み出す土地の力」】

  1. 日程:平成23年11月12日(土)12:30開場/13:00開演
  2. 会場:島根県民会館 中ホール(松江市殿町158番地)
  3. 入場料:一般 前売500円/当日700円 (名画劇場会員500円※当日のみ)/高校生以下無料 
  4. 出演者
    • 藤岡大拙(荒神谷博物館館長、松江歴史館館長、島根県文化振興財団理事長)
    • 小泉凡(民俗学者、島根県立大学短期大学部教授、小泉八雲記念館顧問)
    • 錦織良成(映画監督・脚本家)
  5. 上映作品:『うん、何?』(2008年/日本/123分)
    • 原案・脚本・監督:錦織良成/音楽:浜田真理子
  6. 問合せ・プレイガイド:しまね文化情報コーナー0852-22-5556

ホームページ:http://www.shimane-catchnavi.jp/cul_shimane/show?id=36643
このサイトはRubyによって構築されています。