ホーム » 平成23年度(2011年度)ニュースリリース » 2/27(月)28(火)島根県舞台技術研修会の開催について

平成24年2月21日

島根県舞台技術研修会「大震災から学ぶ〜ホールの安全管理とは」開催について

東日本大震災から早一年を迎えようとしています。この震災では多くの公立文化施設も被災し、大規模集客施設における安全管理が改めて問われています。また、開館から数十年経ち、老朽化への対応に苦慮している施設も数多くあります。
このような状況を踏まえ、全国の公立文化施設の被害状況調査を担当された草加叔也氏(劇場コンサルタント、空間創造研究所代表)を講師にお招きし、下記のとおり研修会を開催しますのでお知らせします。

リリース資料(PDF)

  • 日時
    • 平成24年2月27日(月)13:30〜17:002月28日(火)9:30〜12:00
  • 場所
    • 島根県民会館中ホール(松江市殿町158 番地)
  • 内容
    • (1)レクチャー1「震災の教訓から学ぶ」
    • (2)レクチャー2「公立文化施設の改修計画の策定と立案」
    • (3)シンポジウム「島根県内の状況と課題」
  • 出席予定者
    • 島根県及び中四国地区の文化施設の舞台関係職員、行政担当者、ボランティアスタッフ
    講師プロフィール:草加叔也(くさかとしや)氏
    1957 年 岡山県倉敷市生まれ
    全国各地の劇場・音楽堂など拠点づくりに関わるとともに、ピーター・ブルック、アリアーヌ・ムヌーシュキンなどの演出による日本公園で技術監督等を務める。
    1989 年芸術家在外研究員として渡英。

    空間創造研究所(劇場計画コンサルタント)代表
    社団法人全国公立文化施設協会公立文化施設活性化事業「アドバイザー」
    文化経済学会<日本>理事 東京芸術文化評議会・専門委員会委員(東京都)
このサイトはRubyによって構築されています。