ホーム » 平成23年度(2011年度)ニュースリリース » 出雲歌舞伎むらくも座松江公演について

平成24年3月2日

出雲歌舞伎むらくも座 松江公演〜古事記編纂1300年記念〜について

現存する日本最古の歴史書である古事記が編纂されてから今年で1300年を迎えます。この記念すべき年に、出雲神話で名高いスサノオミコトによる八岐大蛇退治を題材にした歌舞伎には珍しい神話を扱った『日本振袖始』を、出雲歌舞伎を復活・伝承させる「むらくも座」の出演で「出雲歌舞伎むらくも座松江公演」として実施します。
出雲歌舞伎むらくも座は、昭和35年を最後に途絶えてしまった「出雲歌舞伎」を当時の資料をもとに次々に復活させ、以来36年間定期公演(ポルトガル・イタリアでも公演実績あり)を行い様々な積極的な活動を続けており、今回の公演では、昨年から入団した6人の20代の団員によるオロチ役も披露します。
◇1演目終了時の休憩時間には出雲市佐田町の銘菓を販売する喫茶コーナーもあります。

リリース資料(PDF)

  • 日程:平成24年3月3日(土)開場/13:30 開演/14:00
  • 会場:島根県民会館中ホール(松江市殿町158番地)
  • 入場料:全席指定2,500円
  • 取材をご希望される方は事前にご連絡を頂戴いただくとお席を準備できます。
  • URL http://www.shimane-catchnavi.jp/cul_shimane/show?id=37195
このサイトはRubyによって構築されています。