ホーム » 平成25年度(2013年度)ニュースリリース » 出雲ゆかりの文楽『日本振袖始 大蛇退治の段』島根公演の実施について

平成25年12月5日

出雲ゆかりの文楽『日本振袖始 大蛇退治の段』島根公演の実施について

 島根県民会館では下記の通り「出雲ゆかりの文楽『日本振袖始 大蛇退治の段』島根公演」を開催する運びとなりました。近松門左衛門原作によるこの演目は、人形浄瑠璃としては1883年(明治16年)の上演を最後に本興行としては途絶えていましたが、2010年に127年ぶりに大阪で復活を遂げ、2012年に東京でも上演されました。
 島根県では神楽などでもおなじみの素戔嗚尊の八岐大蛇退治を題材にした物語に加え、劇中に登場する大蛇の一部は島根県浜田市の「神楽ショップくわの木」にて製作されるなど、本県に関わりも深く、復活後初の地方公演をゆかりの地である島根県に迎えることを関係者一同嬉しく思っております。
 また、公演第1部では出演者による文楽の解説があるほか、2月にも本公演と連動した島根大学公開講座も予定されています。この機会に日本の代表的な伝統芸能・文楽の奥深い魅力を神話の世界とともにぜひとも多くの皆様にお楽しみいただきたいと存じます。
 つきましては、報道関係者の皆様には、取材および報道方について御協力を賜わりますようお願い申し上げます。

リリース資料(PDF)

  1. 公演日時:平成26年3月9日(日)14:00開演
  2. 会場:島根県民会館 大ホール
  3. 主催等:主催 (公財)しまね文化振興財団(島根県民会館)、島根県   制作 (公財)文楽協会  協力 (独法)日本芸術文化振興会(国立劇場、国立文楽劇場)、島根大学
  4. チケット:12月14日(土)より各主要プレイガイド、オンラインにて発売開始
  5.  http://www.shimane-catchnavi.jp/cul_shimane/show?id=40706
このサイトはRubyによって構築されています。