ホーム » 平成19年度(2007.4月~2008.3月) » <ルグリと輝ける仲間たち>出演者とプログラム変更のお知らせ<7/12>

<ルグリと輝ける仲間たち>出演者とプログラム変更のお知らせ<7/12>

<ルグリと輝ける仲間たち>出演者とプログラム変更のお知らせ<7/12>



当初チラシ、ホームページ等で発表していました、<ルグリと輝ける仲間たち>のキャスト及びプログラムが変更となりましたので、お知らせいたします。

*重要 7月25日発表 出演者とプログラムの変更について


エルヴェ・モロー(エトワール)は6月のオーストラリア公演中に負った怪我のため、またジョシュア・オファルト(スジェ)も怪我のため、出演することができなくなりました。
それに伴いメラニー・ユレル(プルミエール・ダンスーズ)とマルク・モロー(カドリーユ)が新たに出演することになりました。(2007.7/6)


上記の変更に加え、オレリー・デュポンが、ベルリンで行われていたオペラ座バレエ団の来シーズンのリハーサル中につま先を骨折し、出演することができなくなりました。全治6週間という診断とのことです。
 この知らせを受け、ルグリ氏は急遽デュポンの代わりとなる出演者の調整を行い、パリ・オペラ座バレエ団エトワールのアニエス・ルテステュの出演が決定いたしました。
出演者の変更に伴い、プログラムも下記のとおり変更となっております。何卒、ご了承くださいませ。(2007.7/12)


太字が当初発表した出演者との変更点です。
※出演者、プログラムは2007年7月12日現在の予定です。出演者の都合により変更になる場合があります。正式発表は公演当日となります。

「タランテラ」

振付:ジョージ・バランシン(1964年)
音楽:L.M.ゴッツシャルク(編曲H.ケイ)
メラニー・ユレル アクセル・イボ

「アベルはかつて…」

振付:マロリー・ゴディオン(2003年)

音楽:アルヴォ・ペルト

ヤン・サイズ グレゴリー・ドミニャック

「白鳥の湖」(黒鳥のパ・ド・ドゥ)

振付:ルドルフ・ヌレエフ(1966年)

音楽:P・I.チャイコフスキー

ローラ・エッケ オドリック・ベザール

ステファン・ビュヨン

「小さな死」

振付:イリ・キリアン(1991年)

音楽:W.A.モーツァルト

ミュリエル・ズスペルギー マニュエル・ルグリ

「ドニゼッティ − パ・ド・ドゥ」(初演)

振付:マニュエル・ルグリ

音楽:ガエターノ・ドニゼッティ

ドロテ・ジルベール マチュー・ガニオ

「ビフォア・ナイトフォール」

振付:ニル・クリスト(1985年)

音楽:ボフスラフ・マルティヌ

美術・衣裳:ケソ・デッカー

第1パ・ド・ドゥ:ミュリエル・ズスペルギー、ヤン・サイズ

第2パ・ド・ドゥ:エレオノーラ・アバニャート、ステファン・ビュヨン

第3パ・ド・ドゥ:ドロテ・ジルベール、オドリック・ベザール

3組のカップル:マチルド・フルステー、ローラ・エッケ、シャルリーヌ・ジザンダネ、

マルク・モロー、グレゴリー・ドミニャック、アクセル・イボ

「ドリーブ組曲」

振付:ジョゼ・マルティネス

音楽:レオ・ドリーブ

ミリアム・ウルド=ブラーム マチアス・エイマン

「ジュエルズ」より“ダイヤモンド”

振付:ジョージ・バランシン

音楽:P・I.チャイコフスキー

アニエス・ルテステュ ヤン・サイズ

「オネーギン」

振付:ジョン・クランコ(1965年)

音楽:P・I.チャイコフスキー

モニク・ルディエール マニュエル・ルグリ


このサイトはRubyによって構築されています。