ホーム » 平成19年度(2007.4月~2008.3月) » 8/26劇団四季「夢から醒めた夢」(完売御礼!)

8/26劇団四季「夢から醒めた夢」(完売御礼!)

劇団四季「夢から醒めた夢」(完売御礼!)



あの赤川次郎の名作から生まれた劇団四季オリジナルミュージカルの最高傑作。

 

撮影:荒井健
撮影:荒井健
2007年8月26日(日)
開場/17:00 開演/17:30
島根県民会館大ホール
料金全席指定SS席8,400円・S席7,350円・A席6,300円・B席5,250円・C席3,150円
※未就学児(6歳未満)の方のご入場はご遠慮下さい。(無料託児サービスあります。8/19までにお申し込み下さい)

 

 

撮影:中島仁寛
撮影:中島仁寛

<完売いたしました。ありがとうございました!>

チケット取扱所
〔松江〕しまね文化情報コーナー/井上楽器店/タカキ楽器店/スイング/松江サティサービスコーナー/プラバホール/今井書店グループセンター店
〔出雲〕アツタ/パラオインフォメーション/大島屋楽器店
〔大田〕大田市民会館
〔米子〕米子しんまち天満屋チケットぴあ/らぱん

 

 
■お問い合せ・託児申込:しまね文化情報コーナーTEL.0852-22-5556
 〔営業時間:10:00〜18:00〕〔定休日:毎月第2・第4月曜日〕

観る人を大きな愛と優しさで包み込んで上演記録1,000回を達成。
この感動を一人でも多くの方々に。


劇中の1シーン
ようこそ。劇場に一歩踏み入れたとたん、あなたはもう愛と冒険のファンタジー・ワールドの住人です。ドキドキわくわくの胸おどる仕掛けが待っています。『夢から醒めた夢』は三木たかしの珠玉のミュージカル・ナンバー、加藤敬二の幻想と美しさに満ちた振付に加え、公演のたびに新しいアイデアを次々と実行し、完成度を高めてきました。

「命の大切さ」という全体をつらぬく力強いテーマと、躍動感あふれるスケールの大きな演出が、『キャッツ』や『ライオンキング』などの海外作品にも勝るとも劣らない、オリジナル・ミュージカルの最高傑作を創り出したのです。赤川次郎と劇団四季の、これぞまさしく夢のコラボレーション。夢のステージが今開幕します。

 


ストーリー

不思議なこと、この世と違う別の世界に憧れる少女ピコ。
彼女は夜の遊園地で寂しげな瞳をした美しい少女マコと出会います。マコはピコに自分の秘密を打ち明けます。実はマコは幽霊だったのです。事故で命を落としたマコは、一人残された母が心配で、まだ霊の世界に行けずにさまよっていたのです。
「母を励ますために、一日だけ自分と入れかわって」というマコの願いをピコは受け入れます。マコの代わりに霊界に行ったピコは、そこで人間以上に人間らしい霊たちと出会い、愛と生きることの素晴らしさを教えられます。
翌日、ピコとマコは約束の場所に戻り、ふたりは再び入れかわることになっていたのですが・・・。


みどころ

 

会館ロビー
○『楽しみは開演前から始まっている。』
身長3メートルにも及ぶ高足ピエロ、道化師の手品やおもちゃの兵隊のタップ、小人の少女たちが奏でるハンドベルの音色、県民会館ロビーで繰り広げられる幻想的なロビーパフォーマンスもお見逃しなく。

 

待合室
○霊界空港の待合室ではさまざまな人生が交錯
ピコが訪れた霊界空港ではさまざまな人が“光の国”行きロケットを待ちわびています。“光の国”行きロケットに乗ることが許されているのは、真っ白のパスポートを持ったものだけ。
戦争や民族紛争、飢餓、そして日本の受験戦争、過労死…生きることの大切さがいろいろな角度からあぶり出されます。

 


原作:赤川次郎(角川文庫版「夢から醒めた夢」)
演出:浅利慶太  台本:浅利慶太、奈良和江
作曲:三木たかし、宮川彬良  作詞:奈良和江、浅利慶太
振付:加藤敬二、謝珠栄  照明:吉井澄雄


このサイトはRubyによって構築されています。