10/18(木)現代狂言II〔南原清隆出演〕〜狂言とコントが結婚したら〜

現代狂言II〜狂言とコントが結婚したら〜


全国7ヶ所のみの公演をお見逃しなく!! 

 

南原清隆
南原清隆

2007年10月18日(木) 

開場/18:00 開演/18:30 

島根県民会館中ホール 

料金(全席指定・税込)

 1階席6,000円・2階席5,000円

  • 3歳以下の方のご入場はご遠慮下さい。
  • 未就学児(6歳未満)の方の膝上鑑賞可。

*駐車場について

県民会館有料駐車場(みしまや前)が満車の際には、旧一畑百貨店駐車場へ駐車下さい。本公演のお客様には割引サービスを行っています。(駐車券をお持ち下さい)

 

■お問い合せ しまね文化情報コーナー(島根県民会館内) TEL.0852-22-5556
 〔営業時間:10:00〜18:00〕〔定 休 日:毎月第2・第4月曜日〕 

某テレビ番組から生まれたコントと古典のコラボレーション公演!!

 

野村万蔵
野村万蔵

テレビ等でも活躍の南原清隆氏(ウッチャンナンチャン)と野村万之丞氏(1959〜2004)の間で、今の笑いと古典の笑いをコラボレーションさせたら面白いという話が持ち上がり、準備を進める中、万之丞氏が急逝。
その後、意志を受け継いだ南原氏はじめ多くの仲間たちに、万之丞の弟、九世野村万蔵氏が全面協力して、平成18年国立能楽堂で旗揚げ公演が行われました。

しっかりした型のある中で、ほのぼのとした笑いが真髄の狂言と、日常を即興で笑いをとるコントがどのように一つの舞台になるか。試行錯誤の初演は、能楽堂全体が大爆笑につつまれ、狂言ファンもコントファンも、どちらも新しい笑いとの出会いを楽しみました。



今回の公演も、狂言通の方から、初心者の方まで、十分に楽しんでいただける内容になっております。
狂言のカラッとした笑いを万之丞氏ゆかりの地・松江で存分にお楽しみください。

 

  • 解説 南原清隆
  • 一部 古典狂言「二人大名」
  • 二部 現代狂言「一人サラリーマン」(台本・演出:野村万蔵)
  • 三部 新作「〜種〜TANE」(台本:壌晴彦、南原清隆 演出:南原清隆)

出演

南原清隆、野村万蔵、島崎俊郎、森一弥/平子悟(エネルギー)、ドロンズ石本、井川修司/
岩井ジョニ男(イワイガワ)


松江公演は、大好評のうちに終了いたしました!

公演アンケートより

  • 狂言を観たのは初めてでしたが、こんなに面白いとは思いませんでした。古典と現代と二度楽しめてわかりやすく面白かったです。昔も今も笑える部分って原点は同じなんだなと感じました。思っていた以上に楽しみました。また機会があれば、ぜひ観たいです!(30代女性)
  • 狂言とは重たいものと思っていたのですが、親しみのある芸術であった。軽い身のこなしに感激です。楽しくて豊かなひとときありがとうございました。(60代男性)
  • 昔の人が狂言を観て楽しんだ気持ちが少しわかりました。また島根に来て欲しいです。(30代男性)
  • 最初、狂言って堅苦しそうだなぁと思っていましたが、全くそう感じなかったので観に来てよかった!と思いました。いいものが観れたのでとても感激しています。(10代女性)
  • 芸人、狂言師の双方の芸の素晴らしさを体感できたこの時間とても良かったです。姿も発声も美しく、真摯な感じが伝わってきました。(20代女性)
  • 最初はあまり期待していませんでしたが、とてもすばらしかったです。古典芸能に興味が湧きました。(30代男性)

このサイトはRubyによって構築されています。