ホーム » 平成19年度(2007.4月~2008.3月) » 1/6(日)「うん、何?〜やまたのおろち伝説」プレミア上映<レポート公開中>

1/6(日)「うん、何?〜やまたのおろち伝説」プレミア上映<レポート公開中>

映画「うん、何?〜やまたのおろち伝説〜」プレミア上映

大盛況のうちに終了!ご来場ありがとうございました。

会場の様子錦織監督舞台挨拶ミニライブ

当日は600人を超える皆さまにお越しいただき、錦織良成監督の舞台挨拶+プレゼントコーナー+ノグチアツシさん(音楽プロデュース)&浜田真理子さん(音楽)ミニライブと、とっても贅沢な上映会となりました。ミニライブでは、映画挿入歌「風の音」、エンディング曲「アンダンテ」の他、松江をうたった名曲「水の都に雨が降る」(映画の中でも使われているそうです)などが演奏され、映画の余韻を更に深める素敵なひとときとなりました。


 

川辺のシーン

2008年1月6日(日)開演/14:00

島根県民会館大ホール

TEL.0852-22-5502


*鑑賞には制作協力券(1,200円)が必要です。(未就学児は必要ありません。)

<しまね文化情報コーナーで発売中>

 

 

「うん、何?」公式ホームページ


ストーリー

 

自転車で下校
雲南高校3年の須賀鉄郎(橋爪遼)は、進路と幼馴染の多賀子(柳沢なな)への想いに悩む日々。
高校生活最後の夏休み、郷土を愛してやまない尾崎先生(甲本雅裕)は、鉄郎たちクラス一同を特別遠足と称して市内の名所・旧跡に連れ出す。ところが、この時行ったヤマタノオロチ伝説伝承地の一つ「印瀬の壺神」に足を踏み入れたことが、後に鉄郎の運命を左右することに…。

主な出演者

橋爪 遼、柳沢なな、松澤 傑、平田 薫、岡 太一(島根オーディションから抜擢!)、加藤侑紀
宮崎美子、長谷川初範、甲本雅裕、菅田 俊、中村麻美、黄川田将也

*テレビや映画で活躍中の豪華キャストをはじめ、オーディションで抜擢された地元キャストや、ロケ地となった三刀屋高校の生徒の皆さん、七夕祭りの再現や岩倉遺跡での大行列シーンのエキストラなどで多くの皆さんが撮影に参加し、力強い映画が誕生しました。

全編雲南市ロケ!

「白い船」に続く錦織良成監督“しまね三部作”第2弾いよいよお披露目

 

課外授業
全編雲南市ロケ作品!

東京23区とほぼ同じ面積の市内には、400年前から綿々と続く、大東七夕祭りや出雲神楽、掛合太鼓などの伝統芸能が溢れ、自宅で挙げる祝言や葬式・日本酒づくり・注連縄づくりなどの古き良き日本文化の宝庫。

また、日本最多39個の銅鐸が出土した加茂岩倉遺跡や、大正時代まで操業が続けられ、映画「もののけ姫」のタタラ場のモデルと言われる菅谷たたら。古事記・日本書紀に書かれ、日本で最も有名で壮大な神話「ヤマタノオロチ伝説」の舞台である壺神・天が淵・草枕・釜石などの伝承地、奈良時代に編纂され唯一完本で残る「出雲国風土記」記載の漆仁の湯・佐世神社・須我神社・城名桶山、そして龍頭が瀧・山王寺の棚田・斐伊川堤桜並木などの圧倒的ロケーション。

全てのロケ地から歴史や伝統・文化が滲み出て、ただ綺麗なだけでなく、神秘的な魅力に彩られた映像が35ミリフィルムに収められました。

 


県内プレミア上映会

全ての会場で錦織監督の舞台挨拶あり!

  • 1月6日(日)14:00 島根県民会館大ホール
  • 1月26日(土)10:00・13:30・16:00・18:30/27日(日)10:00・13:30・16:00 松江テルサ7階ドームシアター
  • 2月9日(土)14:00・18:30 グラントワ小ホール
  • 2月10日(日)14:00・18:00 大田市民会館
  • 2月17日(日)14:00 平田文化館
  • 2月24日(日)14:00 安来市民会館 


*鑑賞には上映会場等で販売中の制作協力券(1,200円)が必要です。(未就学児は不要)

お問い合せうん、何?現地製作本部(チェリヴァホール)TEL.0854-42-1155

このサイトはRubyによって構築されています。