ホーム » 平成21年度(2009.4月~2010.3月) » 2/21(日)現代狂言IV〜2年ぶりの島根公演決定!

2/21(日)現代狂言IV〜2年ぶりの島根公演決定!<完売しました>

現代狂言IV

〜狂言とコントが結婚したら〜

ご好評にお応えして2年ぶりの島根公演決定!お陰さまで完売しました

 

現代狂言IIIより
現代狂言IIIより

日時:2010年2月21日(日)

開場/14:30 開演15:00


島根県民会館中ホール

料金(全席指定):1階席 4,500円/2階席 3,500円

  • 3歳以上は有料。3歳未満の方のご入場はご遠慮ください。
  • 無料託児サービスあります。2/14(日)までにお申し込みください。

 

11/25(水)〜12/6(日)まで友の会限定割引先行予約受付!(先行予約は終了しました)

12月12日(土)よりチケット発売(完売しました)

◆プレイガイド

チケットぴあ (Pコード:400-400)TEL:0570-02-9999+サークルKサンクス・ファミリーマート各店頭
*ローソンチケット (Lコード:66850)TEL:0570-084-006+ローソン店頭Loppi
*e+(イープラス) http://eplus.jp 

【松江】島根県民会館文化情報コーナー/井上楽器店/タカキ楽器店/スイング/松江サティ3階サービスコーナー/プラバホール/今井書店グループセンター店

【出雲】アツタ楽器/パラオインフォメーション/今井書店出雲店/大島屋楽器店

【大田】大田市民会館

【米子】米子しんまち天満屋4階チケットコーナー/らぱん

お問い合わせ・託児申込
しまね文化情報コーナー
TEL.0852-22-5556
〔営業時間:10時〜18時/定休日:祝日を除く第2・4月曜日、12/29〜1/3〕

現代狂言とは?

 

現代狂言III(サードライフ)より
現代狂言III(サードライフ)より
「現代狂言」は、某TV番組をきっかけに、南原清隆と野村万之丞(1959-2004)の間で、今の笑いと古典の笑いをコラボレーションさせたら面白いという話から生まれ、2006年、野村万蔵とともに新ジャンル「現代狂言」として旗揚げされました。

型を持つ様式美の中で、庶民の側からの風刺とほのぼのとした笑いが真髄の狂言と、日常の即興で笑いをとるコントが一つになる舞台は、全国で大好評を得ています。

第一部では、古典狂言「附子」を堪能した後、「附子」を現代の暮らしや言葉に置き代えた現代狂言「チョコレート(仮題)」をご覧下さい。

そして、第二部では、新作の現代狂言「コンカツ(仮題)」をお贈りします。

2年前に開催した「現代狂言II」は大笑いの中、終了しました。「狂言がこんなにも楽しいものだとは知らなかった」「是非また観たい!」といった再演を望む声が多く、2年ぶりの島根公演です。

2時間、お腹の底から笑ってください。

番組

附子
附子
第一部 ごあいさつ 古典狂言「附子」 現代狂言「チョコレート(仮題)」  台本 野村 万蔵/森 一弥(エネルギー)  演出 野村 万蔵 第二部 新作 現代狂言「コンカツ(仮題)」  台本 南原 清隆/大野 泰広(マセキ芸能社)  演出 南原 清隆

 

 

 

 

 

スタッフ

野村万蔵
野村万蔵
監修 野村 万蔵 演出補 山下 晃彦 舞台監督 猪ヶ倉 大介

 

 

 

キャスト

南原 清隆・セイン カミュ・さとう珠緒・佐藤 弘道
ドロンズ石本・森 一弥/平子 悟(エネルギー)・石井 康太/中村 豪(やるせなす)
野村 万蔵・吉住 講 ほか
左から:南原 清隆・セイン カミュ・さとう珠緒・佐藤 弘道
左から:ドロンズ石本・森 一弥/平子 悟(エネルギー)・石井 康太/中村 豪(やるせなす)

演奏

和田啓(打楽器)・稲葉明徳(管楽器)

関連企画「能楽基礎講座」受講者募集

1/23(土)、2/11(木・祝)、2/20(土)の全3回に渡り、能楽の楽しみ方や体験、半能鑑賞などが楽しめる「能楽基礎講座」を開催します。

本公演の前日2/20(土)には、狂言師・野村万禄氏による「現代狂言を楽しむ虎の巻〜古典ってなぁに?〜」も開催!

是非ご参加下さい。

  →詳しくはこちら


主催:財団法人島根県文化振興財団(島根県民会館)・島根県

企画制作:萬狂言

制作協力:(有)アクロ・(株)ワイルドビジョン

協力:(株)マセキ芸能社


このサイトはRubyによって構築されています。