ホーム » 平成22年度(2010.4月~2011.3月) » 10/1(金)しまね映画祭2010「ハーツ・アンド・マインズ〜ベトナム戦争の真実〜」<ワンコイン・ナイトショー>

10/1(金)しまね映画祭2010「ハーツ・アンド・マインズ〜ベトナム戦争の真実〜」<ワンコイン・ナイトショー>

しまね映画祭2010 ワンコイン・ナイトショー

ハーツ・アンド・マインズ〜ベトナム戦争の真実〜(DVD上映)

 

ハーツ・アンド・マインズ
ハーツ・アンド・マインズ

2010年10月1日(金)開演/19:00


島根県民会館中ホール


全席自由:500円(当日券のみ)

<高校生以下無料>

 

  • 無料託児サービスあり。(9/24(金)までに下記までお申し込み下さい)
■お問い合せ・託児申込
しまね文化情報コーナー 
TEL.0852-22-5556
〔営業時間:10:00〜18:00 定休日:祝日を除く第2・4月曜日、 12/29〜1/3〕

監督:ピーター・デイヴィス

あの戦争に、いったい何の意味があったのか!?

当時の日本では公開が見送られた幻のドキュメンタリーを特別上映!

なぜ、アメリカはベトナムと戦うことになったのか?
そして彼らはそこで何をしたのか?
そして、そこでの行為はどんな結果を生み、どんな影響を及ぼしたのか?

 

ハーツ・アンド・マインズ
ハーツ・アンド・マインズ
1974年に制作された本作は、様々な証言や取材映像、ニュース・フィルムを駆使してベトナム戦争の愚かさと悲惨さを鮮烈に描き、第47回アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。
しかし、当時の日本では、劇場公開が見送られ、1975年9月5日にNET(現テレビ朝日)が放映し大反響を巻き起こした。
そしてベトナム戦争勃発から50年の今年、東京都写真美術館で初上映され、口コミで火がつき社会現象に。
映画はアメリカ、ベトナム、大統領から庶民まで、賛成派、反対派、戦争を体験したあらゆる層の人々の証言を積み重ね、無意味な戦争の真実を浮かび上がらせていく。
「地獄の黙示録」や「ディア・ハンター」、「プラトーン」など、70年代後半以降に数多く製作されたハリウッドのベトナム戦争映画の傑作群に多大な影響を与えた、映画史的にも重要な作品を、ワンコイン・ナイトショーで特別上映します。
(1974年/アメリカ/1時間52分)

 


このサイトはRubyによって構築されています。