ホーム » 平成22年度(2010.4月~2011.3月) » 11/13(土)しまね映画祭「オーケストラ!」<シネマ&コンサート開催!>

11/13(土)しまね映画祭「オーケストラ!」<シネマ&コンサート開催!>

しまね映画祭2010「オーケストラ!」

〜Le Concert〜

お待たせしました!来場者アンケートのリクエストNo.1作品「オーケストラ!」が遂に名画劇場に登場します。
『シネマ&コンサート』〜各回の上映前、ヴァイオリン&ハープデュオ X【iksa】のミニコンサートもお楽しみ下さい♪

 

オーケストラ!
オーケストラ!

2010年11月13日(土)

14:00・18:30(2回上映)


島根県民会館中ホール


料金

一般(前売)1,000円・(当日)1,200円

会員(当日のみ)800円

 

  • 上映20分前より、ミニコンサートあり。
  • 映画祭期間は高校生以下無料
  • 全席自由
  • 無料託児サービスあります。(11/6(土)までに下記までお申し込み下さい)

前売券取扱所

〔松江〕しまね文化情報コーナー/井上楽器店/タカキ楽器店/スイングレコード/松江サティ3階サービスコーナー/松江SATY東宝/プラバホール/今井書店グループセンター店

〔出雲〕パラオインフォメーション/今井書店出雲店

〔木次〕チェリヴァホール

〔米子〕米子しんまち天満屋4階チケットコーナー

■お問い合せ・託児申込
しまね文化情報コーナー 
TEL.0852-22-5556
〔営業時間:10:00〜18:00 定休日:祝日を除く第2・4月曜日、 12/29〜1/3〕

●名画劇場会員募集中!!

新規会員300円/継続会員200円

  • 県民会館内しまね文化情報コーナー及び、上映日は会場ロビーにてご入会いただけます。

監督・脚本:ラデュ・ミヘイレアニュ(「約束の旅路」)

出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ドミトリー・ナザロフ、ミュウ=ミュウ

愛すべき寄せ集め楽団の大逆転に、笑って、泣いて、拍手喝采!

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』をおさえ、パリでオープニングNo.1を記録!

ロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者だったアンドレは、今では劇場清掃員として働くさえない中年男になっていた。共産主義時代、“ユダヤ主義者と人民の敵”と称されたユダヤ系の演奏家たち全員の排斥を拒絶したため、名声の絶頂期に解雇されたのだった。

ある日、アンドレは清掃中に、演奏をとりやめた楽団の代わりに、パリのプレイエルに出演するオーケストラを2週間以内に見つけたいというFAXを目にし、かつてのオーケストラ仲間と偽の楽団を結成し、ボリショイの代表としてこのコンサートに出場するというとんでもないことを思いつく。

タクシー運転手、蚤の市業者、ポルノ映画の効果音担当…モスクワの片隅でかろうじて生計を立てていたかつての仲間たちを説得にまわるアンドレだったが。

沸き起こる拍手に温かい涙が溢れる、笑って、元気をくれる感動作がいよいよ名画劇場に登場します! (2009年/フランス/2時間4分)

もう一人の主役は、もちろんクラシック音楽。

チャイコフスキー、モーツァルト、パガニーニ、シューベルト、シューマン…劇中にはクラシックの名曲が次々に登場します。パリのシャトレ座の全面協力で撮影された迫力のコンサートシーンもお見逃しなく!

劇中使用曲
 モーツァルト「ピアノ協奏曲第21番ハ長調KV467」
 チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35」「白鳥の湖」
 バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007」「2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調BVW1043」
 ロッシーニ「ウィリアム・テル」
 シューマン「夕べに」「なぜ」
 ドビュッシー「西風の見たもの」
 パガニーニ「24のカプリース作品1」
 ハチャトゥリアン「剣の舞」
 マーラー「巨人」 
 リムスキー=コルサコフ「交響組曲「シェラザード」Op.35」
 ラロ「スペイン交響曲ニ短調Op.21」
 メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64」他

このサイトはRubyによって構築されています。