ホーム » 平成25年度(2013.4月~2014.3月) » アウトリーチ講座を開催しました。

しまね地域文化コーディネーター人材育成事業
「アウトリーチ-より効果的な芸術体験活動のすすめ方」を開催しました。

2014年3月19日(水)当館会議室で、学校や様々な施設で活発に行われているアウトリーチ活動(芸術体験活動)について、小川智紀さん(横浜市芸術文化教育プラットフォーム事務局長)による、横浜市の取り組みや行政・地域・芸術家団体との連携の事例紹介と片岡祐介さん(打楽器奏者・作曲家)によるデモ・ワークショップ、そして最後にワークショップのふりかえりと質疑応答を行いました。

楽器を使わず机や身体を叩いて擦ったり、その音を目をつむって感じたりと、正に「音を楽しむ」デモ・ワークショップには、参加者の皆さんもとても刺激を受けたようでした。

学校・まちづくり関係者、演奏者、学生など35名の参加があり、参加者からは、「集まった方の立場やキャリアがばらばらでとても良かったです。集まった方のニーズと講師がとても合っていました。」(地域の芸術家団体)、「教育のまわりに様々な団体が関与していることが分かりました。話にあったように、もっと沢山の面白い企画ができるのではないかと思いました。意見交換の場としても必要な機会でした。」(教育関係者)などのご意見をいただき、文化芸術に携わる方々の繋がりの場ともなったようです。
今後も、地域や学校、施設が芸術文化とつながり、よりよい地域づくりへと展開していくため、このような場づくりを行っていきたいと思います

  • 当日の様子(画像クリックで拡大します)
    講座の様子 ワークショップの様子  質疑応答
このサイトはRubyによって構築されています。