ホーム » 平成26年度(2014.4月~2015.3月) » 石見神楽雲南公演を開催しました。

石見神楽雲南公演を開催しました。

2015年3月1日(日)雲南市の古代鉄歌謡館にて、【地域アーティスト発掘巡回事業】「石見神楽雲南公演」を開催しました。
須子社中(益田市)による公演は、おかげさまでチケットも完売し、多くのお客様で盛り上がりました!
会場のある雲南市は、須佐之男命(すさのおのみこと)にゆかりの深い土地ということもあり演目も「鍾馗」(しょうき)や「大蛇」(おろち)など須佐之男命をメインとした4演目の上演でした。激しい舞いと大迫力の大太鼓や笛などの囃子に、小さな子どもから大人まで惹きこまれていました。
ロビーでは、石見神楽の華やかな衣装を来た社中の方がお客様と一緒に写真撮影をしたり(中には衣装を試着した方も!)、終演後には大蛇や須佐之男命との撮影会も開催し、島根県内の東西の文化交流という意味でも成果のあった公演となりました。

当日の様子

満席の会場
満席の会場

岩戸

岩戸

大蛇

大蛇
「岩戸」「大蛇」といったスサノオノミコトにちなんだ演目が演じられました。

ロビーで大蛇と記念撮影
ロビーにて大蛇と記念撮影も。

このサイトはRubyによって構築されています。