ホーム » 平成26年度(2014.4月~2015.3月) » おんかつin奥出雲レポート

公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業 島根セッション
おんかつフォーラムin奥出雲を開催しました。

2014年7月9月(水)〜7月12日(土)まで「おんかつフォーラム」in奥出雲を開催し、クラシック音楽の演奏家が奥出雲町に約一週間滞在し、小学校でのアウトリーチを始め、音楽を通して地域の皆さんと交流しました。

1日目:2014年7月9日(水)奥出雲町立布勢小学校 【アウトリーチ】

前日に奥出雲町入りしたアーバン・サクソフォン・カルテットのメンバー&スタッフは、地元をよく知るため、ホールの下見や練習の合間を縫って、景勝地である「鬼の舌震」に足を運んだり、夜は地元のお店で地物をいただき英気を養いました。
そして翌7/9(水)、1日目のアウトリーチは、敷地内に川が流れ、時に天然記念物のオオサンショウウオが姿を現す布勢小学校です。
午前中は低学年、午後からは高学年と1日2回のアウトリーチ授業を行い、サックスの音色や曲から、子どもたちがいろいろなものを想像していくプログラムでしたが、皆、恥ずかしがらず積極的に発表してくれました。初めて生のサックスの音色を聴いたという子どもも多く、四重奏の奏でる音に真剣に耳を傾ける姿がとても印象的でした。
午前中の授業が終わると全校児童との給食交流や、昼休みも子どもたちと一緒に遊んで交流を深めました。
アウトリーチ授業が終わって学校を出発すると、下校中の子どもたちがたくさん手を振ってくれて、奥出雲町の素直な子どもから元気をもらったアウトリーチ1日目でした。

布勢小学校01  布勢小学校02

2日目:2014年7月10日(木) 奥出雲町立亀嵩小学校 【アウトリーチ】

7/10(木)はアウトリーチ2校目の亀嵩小学校さんにお邪魔しました。アーバン・サクソフォン・カルテットのメンバーものどかな風景と木造校舎の美しさがとても気に入った様子です
亀嵩小学校では、午前中に3・4年生、午後に5・6年生のアウトリーチ授業を実施しました。
昨日に引き続き子どもたちが想像したことを発表したり、最後にはアンコールが巻き起こり、とても盛り上がる授業になりました。
町の教育委員会の方々も足を運んでくださり、事業への関心も高く、音楽を通じて子どもたちの創造性を高めるアウトリーチプログラムへのお褒めの言葉もいただきました。
もちろんこの日も子どもたちと一緒に給食を食べ、交流を深めました。また、昼休みには伝統芸能クラブの子どもたちがアーバン・サクソフォン・カルテットのメンバーに地元のお祭りなどで吹かれる横笛の演奏をしてくれたりと、この地域ならではの魅力を伝えてくれました。
アウトリーチが終わると、亀嵩温泉で知られる「玉峰山荘」で温泉につかって2日間の疲れを癒し、3校目となる翌日の八川小学校さんの準備と、2日後とせまった横田コミュニティセンターでのコンサートへ向けての練習を行いました。

亀嵩小学校02  亀嵩小学校01

3日目:2014年7月11日(金)奥出雲町立八川小学校 【アウトリーチ】

アウトリーチの最終日、3日目となる7/11(金)は、校庭の大きなイチョウの木が印象的な八川小学校さんで、午前中は5・6年生、午後は1〜4年生を対象にアウトリーチを実施しました。
「サックスの音が車のエンジンの音みたい」「ポポンという音がひらひらしているちょうちょみたい」などサックスの音色からも子どもたちの想像は広がります。同じ曲を聴いても子どもの数だけたくさんの風景や季節があり、その想像力に驚くばかりでした。
そんな素敵な八川小学校の子どもたちの、お礼にと歌ってくれたまっすぐな歌声に、メンバーはじめスタッフも目に涙が…。さらに学校の畑のとれたてきゅうりのプレゼントも!ズッキーニのような大きなきゅうりにメンバーもびっくりしていました。

八川小学校  八川小学校02

最終日:2014年7月12日(土)横田コミュニティセンター【コンサート】

奥出雲町での滞在も5日目を迎えた7月12日(土)、いよいよコンサート当日です。
入念なリハーサルののち、コンサートが開演!第一部ではテナーサックス・中村優香さん編曲のドヴォルザーク作曲「スラブ舞曲」や、サックスのために作曲されたデザングロのサックス四重奏曲などをじっくり聴いていただき、第二部の映画音楽とお楽しみ企画へ―。
お楽しみ企画では、滞在中にメンバーが訪れた某居酒屋で、大将が20年以上前に手に入れたというアルトサックスを譲り受けるというご縁があり、その音色を披露しました。この大将、知らない人はいないというくらい有名な方で、大将にちなんで「こうのすけ」くんと名付けられたサックスの音色に、会場から大きな拍手が沸き起こりました。そして、メンバーがステージから降りて客席を移動しながら演奏するというお楽しみ企画も好評で、間近で聴くサックスの音色に手拍子が出たりと、観客の皆さんに楽しんでいただけたようです♪
コンサート終了後、メンバーがロビーに出てみると、握手会が自然に始まるなど、あたたかたな雰囲気で幕を閉じました。
これで「おんかつフォーラムin奥出雲」の全日程が終了しました。この事業をあたたかく迎えてくださった奥出雲の皆様、本当にありがとうございました!
アーバン・サクソフォン・カルテットは、9月に浜田市に伺います。

コンサートの様子   終演後には握手会も

このサイトはRubyによって構築されています。