ホーム » 平成26年度(2014.4月~2015.3月) » Co.山田うんin湯里リポート

アーティスト・イン・レジデンスしまね
Co.山田うん in 湯里リポート

しまね文化振興財団(島根県民会館)では、平成24年度から、中山間地域等にアーティストが滞在し、地域住民との積極的な交流と創造発信を行うアーティスト・イン・レジデンス事業を実施しています。
3回目を迎える今回は、2014年8月4日〜10日までの間、廃校となった大田市温泉津町の旧・湯里小学校(現・湯里まちづくりセンター)に、ダンスカンパニー「Co.山田うん」から約10名のダンサーとミュージシャンが夏合宿と地域交流のため滞在しました。

これまで2年間の滞在により地域の方々との交流も深まり、地元のお母さんたちと一緒に食べる夕食時には「今年はいつ来るか待ってたよ!」と笑顔で迎えていただきました。

初日の様子
滞在初日恒例となった湯里まちづくりセンター長の歓迎のあいさつ

プログラム1―朝ヨガ

滞在中は朝7時から山田うんさんに朝ヨガをしていただき、初めてヨガを体験される方、連日お越しいただいた方など、徐々に参加者が増えて最終日には早朝にも関わらず10人もの参加者がありました。
また、恒例となった地域の子どもたちとのラジオ体操も行いました。参加する地域の子どもたちは3人と少ないのですが、「今年も山田うんさんたちと一緒にラジオ体操がしたい!」と楽しみにしていてくれ、地域の方も交えての朝6時半からのラジオ体操でした。
朝ヨガ  ラジオ体操

プログラム2―ミュージシャンとダンサーとの即興パフォーマンス

8月6日(水)には、ミュージシャンのヲノサトル氏をゲストに迎え、即興ダンスパフォーマンスを行いました。虫の音や風の音など湯里に流れる音をベースに流れる音楽に合わせてダンサーたちが約1時間の即興ダンスを披露してくれました。地域の方々をはじめ、市外からも観に来ていただきました。
即興パフォーマンス 即興パフォーマンス

プログラム3―ダンスワークショップ

8月9日(土)はダンスワークショップ「Co.山田うんと踊ろう!」を開催しました。台風11号の影響が懸念されましたが、時折晴れ間がみえる穏やかな天候の中、旧・湯里小体育館に約50名の参加者にお越しいただきました。
ダンスワークショップ01   ダンスワークショップ02
昨年も参加いただいた方から初めての方、都市部から帰省中の家族や市外の方まで、大勢の方々がCo.山田うんメンバーと一緒にダンスを楽しみました。
以下はアンケートの抜粋です。

  • ありがとうございました!私の地元を愛して来てくださる方がいることがとても嬉しいです!こんな田舎ですが、これからもぜひ来てください!(30代女性・埼玉県)
  • 楽しい時間をありがとうございました。また会いましょう!(70代女性・大田市)
  • いつものダンスで使うところとは違うところが動かせたので楽しかったです。また参加したいです。(10代女性・江津市)
県内でも珍しい廃校を活用したアーティスト滞在プログラムでしたが、今年も地元の方との交流を中心に、多くの方にご参加いただくことができました。この合宿中にクリエーションされた「ワン◆ピース2014年版」などの作品は、2014年9月13日〜15日に北九州芸術劇場で披露されます。ご協力、ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました!
ダンスワークショップ03   ダンスワークショップ04

 

このサイトはRubyによって構築されています。