ホーム » 平成27年度(2015.4月~2016.3月) » 地域ステージ「桂ざこば一門会」を開催しました。

地域ステージ事業『桂ざこば一門会』&小学校出前寄席を開催しました。

 2016年2月27日(土)、松江市美保関町のメテオプラザにて上方落語を代表する噺家、桂ざこばとその一門による『桂ざこば一門会』を開催しました。当日は、まだまだ寒い中、たくさんのお客様にご来場いただきありがとうございました。
 トップバッターは、故・桂枝雀さんの長男で、今年1月にデビューを果たしたばかりの桂りょうばさん。なんと地方公演は初!ということで、道中噺『煮売家(にうりや)』を披露。声や仕草に枝雀さんの面影を見せつつ、新人とは思えない落ち着いた噺っぷりでした!桂ひろばさんの『狸の化寺』、桂塩鯛さんの『替り目』、桂出丸さんの『牛ほめ』と続いて、会場もすっかり温まったところでオオトリを飾るのは勿論ざこば師匠!演目は、人情噺『子は鎹(かすがい)』。ぶっきらぼうな大工の父親と家を出て行ったおかみさんと幼い健気な子ども。親子と男女(父母)のやり取りが笑って笑ってほろりと泣けて…ざこば節全開で上方人情落語、たっぷり堪能させてもらいました!
 公演前日の26日には出雲市立東小学校で、桂出丸さん、ひろばさんの出前寄席も行いました。いまやテレビでも落語を見る機会ってなかなか無いですが、すぐ目の前で繰り広げられる話芸の面白さに子ども達も大爆笑!落語の面白さとプロの噺家さんたちの芸に感心・感動の時間となりました!
いつの時代も老若男女が楽しめる落語。皆さんも機会があればぜひ寄席に出かけてみてくださいね。

当日の様子

会場のメテオプラザには沢山のお客様が。

桂りょうば『煮売家(にうりや)』

桂塩鯛『替り目』

桂出丸『牛ほめ』

桂ざこば『子は鎹(かすがい)』

前日2月26日(金)には小学校で出前寄席も開催しました。

小学校での出前寄席

出前寄席(桂ひろば)

このサイトはRubyによって構築されています。