ホーム » 平成22年(2010年) » 映画「RAILWAYS」の制作支援を行っています。

映画「RAILWAYS」の制作支援を行っています。

島根県文化振興財団(島根県民会館)では、映画「RAILWAYS」の制作支援を行っています。


レイルウェイズバナー

○新着情報

  • 「RAILWAYS」がフランスの映画祭「KINOTAYO映画祭」(日本現代映画祭)でグランプリを受賞しました。
  • 三浦貴大さんが第35回報知映画賞新人賞を受賞されました!
  • 2010.10.14〜DVD&ブルーレイ発売中!
  • 2010.5.29(土)〜全国ロードショー
  • 2010.5.22(土)〜山陰地区先行上映開始!〔松江SATY東宝、Tジョイ出雲ほか〕
  • しまね文化情報コーナーで全国共通前売券発売!
  • 2010.2.7-8 地元関係者向けの試写会が行われました。
  • 2010.1.30公式サイトグランドオープン!→http://www.railways-movie.jp/
  • 2009.8〜9月にかけて地元ロケが行われました。
  • 2009.7.29 映画タイトルが『RAILWAYS』に決定しました。
  • 2009.7.05 島根県民会館で出演者オーディションを開催しました。
  • 2009.6月〜出演者募集/ エキストラ募集<いずれも募集を締め切りました>

日本最古の現役電車が夢を乗せて走り出す・・・

錦織良成監督最新作「RAILWAYS(レイルウェイズ) 49歳で電車の運転士になった男の物語」

2010.5.29全国ロードショー(配給:松竹)

 

一畑電車と出雲ドームのある風景
一畑電車と出雲ドームのある風景

≪映画「RAILWAYS」とは≫

島根県出雲地方の人々の足として活躍している一畑電車。
宍道湖のほとりをゆっくりと走る電車は、風景に溶け込み無くてはならない存在となっています。
古い車両が現役で運行している貴重な路線として鉄道ファンの間では知らない者がないという路線です。
その一畑電車と運転手、それを取り巻く乗客たちがこの物語の主人公です。
歳をとるということ、家族、生きること…
様々なテーマをUターンをしてきた50歳の男とその家族 ,取り巻く人々の生き様を通して
日本人の豊かな生き方を、日本の原風景の残る島根を舞台に描きます。

 

スタッフ

製作総指揮
阿部秀司
監督
錦織良成
企画・制作プロダクション
ROBOT(「ALWAYS 三丁目の夕日」)
出演
中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ 三浦貴大 奈良岡朋子
橋爪功 佐野史郎 宮崎美子 遠藤憲一 中本賢 甲本雅裕
渡辺哲 緒形幹太 石井正則 笑福亭松之助
主題歌
「ダンスのように抱き寄せたい」(松任谷由実)

しまね映画祭しまね文化力

しまね映画祭と島根県文化振興財団(島根県民会館)は、映画「RAILWAYS」の制作支援として、島根県内での撮影・広報などの制作協力を行っています


このサイトはRubyによって構築されています。