ホーム » 平成28年(2016年) » 舞台相談窓口をご利用下さい

舞台相談窓口・公演支援事業を行っています。

ご依頼により、文化芸術活動に必要な舞台技術の相談・助言・技術指導・演出効果技術支援、技術研修を行います。

チラシ表(クリックで拡大)島根県民会館の耐震補強工事を迎えるにあたり、その期間中に利用予定のあった文化芸術団体の活動や学校教育機関が行う文化芸術活動、公立文化施設が行う活動を支援するために、「舞台相談窓口・公演支援事業」として必要な支援(相談、助言、指導、演出効果技術支援、研修)を行い、舞台創作活動の向上を図ります。
その他、催し物の企画・運営・舞台進行など主催者様のお困りごとや、舞台に関するちょっとした疑問、県民会館に限らず他の施設の情報など、何でもお気軽に専門スタッフにご相談下さい。

 →チラシ(PDF:1.3MB)

 公演支援の様子  研修の様子

支援の内容

  1. 依頼により、文化芸術活動に必要な舞台技術の相談、助言、指導、演出効果技術支援、研修をします。
    • 演出効果技術支援とは、活動場所へ出向いて、設備・器具・機器の取扱いや操作方法の指導を行います。
  2. 活動場所に出向いて、上記の支援を実施します。
    • 支援の内容に応じて、必要経費(交通費、宿泊費、管理費等)の負担を求める場合があります。

支援の条件

  1. 支援は、主催者の文化芸術活動の継続、創作意欲の維持・向上を目的とするもので、主催者の公演スタッフとして指揮系統に属するものではありません。
  2. 原則として、島根県民会館を継続して利用されていること。また、耐震補強工事期間終了後も利用を継続される利用予定者を主たる対象とします。
    • 利用停止期間中に利用を検討していた場合も含みます。また、文化芸術活動団体及び活動者、学校等教育機関、公立文化施設が行う文化芸術活動も対象となります。
  3. 個人・団体などが、活動を通じて何らかの利益を得ることなどを目的としたものは除きます。
    • 但し、それらの活動が文化芸術活動の促進、文化振興につながると認められる場合は、協議をした上で支援内容を決定します。
  4. 職員派遣依頼書、催事計画書及び報告書の提出ができること。
  5. 支援の内容により、専門技術者の派遣に係る交通費、宿泊費等の必要経費の負担ができること。
    • また、その他必要経費等の負担を求める場合があります。
  6. 支援日時は協議の上、決定します。
  7. 支援は、会館の施設管理や運営業務に支障のない範囲内で実施します。
  8. 依頼者が何らかの理由により損害を被った場合、当財団は責任を負わないものとします。

依頼方法

  1. 島根県民会館への電話、来館により受け付けます。
    • 電話、来館時に内容確認を行います。内容により所定の条件を満たさなかった場合、お断りする場合もあります。
  2. 受付受理後に、職員派遣依頼書を提出して頂きます。
  3. 職員派遣依頼書をご提出後、支援の可否を決定して連絡します。

文書の取扱い

 職員派遣依頼書、催事計画書及び報告書は、個人情報保護法に基づき、公益財団法人しまね文化振興財団で保管・管理します。

 

お問い合わせ
(公財)しまね文化振興財団 島根県民会館施設利用課
  施設管理・舞台振興グループ
(受付時間:9:00〜17:00/第2・4月曜休館)
TEL0852-22-5510 FAX0852-24-0109
E-mail stage@cul-shimane.jp

このサイトはRubyによって構築されています。