<滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールを訪問!>

ステージテクニカルアカデミー「劇場を知る〜びわ湖ホールの事例〜」参加者募集について

 島根県民会館では、舞台美術・音響・照明といった地域の舞台芸術を支えるためになくてはならない舞台技術の人材育成を目指す「ステージテクニカルアカデミー」を2015年度より開催しています。
 2016年度第1回は、「劇場を知る〜びわ湖ホールの事例〜」とし、積極的な舞台制作・人材育成を行う、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールを訪れ、舞台技術に対する取り組み、舞台制作、専門人材育成事業等について知るとともに、国内有数の舞台設備を備える劇場を見学します。県外の劇場を知ることで、日頃の舞台芸術との関わりや、劇場運営について考えることを目的としています。
 つきましては、開催周知及び当日取材にあたりご協力くださいますようお願い申し上げます。
リリース資料(PDF)
→URL https://www.shimane-catchnavi.jp/cul_shimane/show?id=44846

ステージテクニカルアカデミー2016 第1回「劇場を知る〜びわ湖ホールの事例〜」
  1. 日程:平成28 年6 月15 日(水)
  2. 会場:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール(滋賀県大津市打出浜15-1)
    *県民会館、安来市内を経由し、貸切バスでびわ湖ホールへ向かいます。
  3. 参加費:3,000円(交通費・保険料込み) ※別途食事代
  • 対象:公立文化施設職員、舞台技術者、舞台技術に関心のある方、文化芸術活動に関わる方など
  • 6月10日(金)までに申し込みが必要。
  • 定員40名 
ステージテクニカルアカデミー

舞台技術者や研修機会の少ない島根において地域の文化芸術を支える舞台技術者の育成を目指し、平成27年度から島根県民会館が開催している講座。
昨年度は、様々な劇場の運営方法、劇場の歴史と舞台機構、神楽上演、公演制作過程の実践などをテーマに研修しました。
今年度第1回は、びわ湖ホールを訪れ県外劇場の状況を知ります。第2回からは表現者と技術者が共通認識を持って舞台制作に向かうことを、実践を交えて考えていきます。