ミニ企画展「21世紀 出雲の発掘最前線〜考古学者が選ぶ重要遺跡〜」

 八雲立つ風土記の丘では、平成28年12月17日(土)から平成29年2月19日(日)までミニ企画展「21世紀 出雲の発掘最前線〜考古学者が選ぶ重要遺跡〜」を開催いたします。
 荒神谷遺跡や加茂岩倉遺跡等、出雲は古代文化の発祥の地として多くの重要な遺跡が発掘されていることはよく知られています。しかし、21世紀に入ってからも出雲では多くの重要な遺跡が発掘されていることはあまり知られていません。巨大な宇豆柱が3本発見され注目を浴びた「出雲大社境内遺跡」(出雲市)や『出雲国風土記』記載の旧大原郡家と推測される「郡垣遺跡」(雲南市)など、遺跡の調査研究の最前線で活躍する出雲の考古学者オススメの21世紀の重要遺跡を約200点の出土遺物で紹介します。

開催期間: 平成28年12月17日(土)〜平成29年2月19日(日)
開館時間: 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休 館 日: 火曜日(但し1月3日(火)は開館)、12月29日〜1月1日
会  場: 島根県立八雲立つ風土記の丘
入 館 料: 一般200円(160円)、大学生100円(80円)、小中高生無料
        *( )内は20名以上の団体料金  *常設展入館料を含む

<期間中のイベント>
◆オリジナル絵馬づくり 1月2日(月)〜1月9日(月・祝)
                参加費200円 先着20名(絵馬が無くなり次第終了します)
◆風土記の丘教室 1月9日(月・祝)14:00〜16:00(申込不要)資料代200円
              演題「横穴式石室からみた出雲」
              講師:土生田 純之 氏(専修大学文学部教授)

主催・問い合わせ先:島根県立八雲立つ風土記の丘(松江市大庭町456)
(指定管理者:公益財団法人しまね文化振興財団)

報道発表資料

チラシ(780kb)