『第4回視覚障がい者向けダンスワークショップ』実施について

2017/08/29 | 島根県民会館

 島根県民会館では、国内外で活動するダンサー・振付家の田畑真希氏を招き、第4回視覚障がい者向けダンスワークショップ『第4 回 ダンサーが開く! 身体と心をほぐすダンスワークショップ』を開催いたします。
 本事業は、昨年8月に引き続き島根県民会館と松江視覚障害者協会、山陰網膜色素変性症協会、ライトハウスライブラリーが協力して行っている視覚障がい者の方のためのダンスワークショップです。
 この度、視覚障がい者の方々とペアとなって一緒にダンスを踊ってくれる方を募集いたします。ダンス経験者には、今後のダンスに活かせる機会となり、ダンス未経験の方でも楽しめるワークショップです。世界共通の身体言語であるダンスを通して、障がいのあるなしに関わらず、誰もが自由な表現を楽しむ内容となっています。つきましては、参加者募集の周知および当日取材にあたりご協力いただきますようお願い申し上げます。
リリース資料(PDF:198KB)

1.公演日時:平成29年9月26日(火)18:00〜19:15(予定)
2.主催:島根県・(公財)しまね文化振興財団(島根県民会館)
3.内容:昨年4月施行の障害者差別解消法を受け、文化芸術のバリアフリー化を目指して実施する視覚障がい者向けダンスワークショップ。見える見えないに関わらずペア(15 組程度)となり、身体を動かす楽しみを知ります。
※参加申込多数の場合は、ペアではなく一般参加もしくは見学となります。
4.会場:島根県民会館2F 第1・2多目的ホール(松江市殿町158)
5.持ち物:動きやすい服装、タオル、飲み物
※取材にお越しの際は事前にご連絡下さいますようお願いいたします。