「しまね路の旅・フォトコンテスト2012」の入選者が決定!!

 

2012/07/20    写真文化事業室

 

全国18都道府県より、490枚の作品の応募がありました。島根県内の古社寺で行われる神事や豊かな自然が神秘的に力強く時にユーモラスに切り取られており、審査会も熱気にあふれました。

 

  → 審査結果・入選作品はこちら

 

〜ごあいさつ〜

今回初めて開催しました、「しまね路の旅・フォトコンテスト2012〜みつけて"しまね"のいいところ〜」には、全国18都府県から490枚、411点のご応募をいただき、その中から6月29日の審査会において33点の入選作品を決定しました。

島根は歴史・文化・自然に恵まれており、被写体として魅力あるところです。その"しまね"らしさが写真の力で、より魅力的に伝わる作品を選びましたが、今回入選となった作品以外にも多くのすばらしい作品がありました。

県外からは、"しまね"を体感し、感動した瞬間をとらえた新鮮な作品がたくさん寄せられ、県内からは、ふるさとを知り尽くしたうえでその良さを表現した作品が応募されていました。
また、写真に対する関心の高まりとともに、性別に関係なく、年齢も最年少の15歳から最高齢の86歳まで、幅広い層の皆様から応募をいただきました。
多くの皆様から応募いただきましたことをここに感謝申し上げます。

入選された皆様には心より敬意を表するとともに、入選作品は島根県民会館、大森町並み交流センター、桑原写真美術館の県内3ヵ所で展示致します。
会場でご覧になられた方が、入賞者のそれぞれの写真表現から"しまね"の良さを感じて「"しまね"をもう一度写してみたい」と思っていただければ幸いです。