イベント

展示

速報展「よみがえる鰐淵寺の建造物」

開催場所
出雲弥生の森博物館
主催
出雲弥生の森博物館
お問い合わせ先
出雲弥生の森博物館
0853-21-6617
開催日時
  • 日程 2019年 6月5日 ~ 2019年 9月30日
  • 開館時間 09:00 ~ 16:30
休館日
毎週火曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
※祝日と重なる場合は翌平日
料金
無料

 島根半島(北山)の山中にあって、1400年もの悠久の歴史を今に伝える天台宗の古刹(こさつ)、鰐淵寺(がくえんじ)。
 その広大な境内は、戦国時代の姿を色濃く残し、平成28(2016)年3月にその歴史的価値が認められ国史跡に指定されました。
 境内に現存する建物の多くは江戸時代に建立されたものですが、釈迦堂(しゃかどう)と開山堂(かいさんどう)は老朽化によって屋根や柱などの腐食が進んだため、平成28(2016)年度から5年をかけて、保存修理事
業を進めています。
 今回の速報展では、平成30(2018)年度に終了した釈迦堂の解体修理によって新たに分かったことを中心に紹介するとともに、平成31(2019)年3月に重要文化財に指定されることが決まった「鰐淵寺文書」も紹介します。

ポスター