イベント

展示

<特別展>海将山口多聞を生んだ松江藩士山口家

日本近代化の礎となった人々を輩出した松江藩士山口家を紹介

開催場所
松江歴史館(企画展示室)
主催
松江歴史館
お問い合わせ先
松江歴史館
0852-32-1611
rekishi1607@mable.ne.jp
開催日時
  • 日程 2019年 9月13日 ~ 2019年 11月4日
  • 9月 08:30 ~ 18:30
  • 10月から 08:30 ~ 17:00
休館日
9月19日(木)、10月17日(木) ※毎月第3木曜日
料金
  • 大人 500 円
  • 大人(団体) 400 円
  • 小・中学生 250 円
  • 小・中学生(団体) 200 円
  • 松江市内の高校・大学・専門学校に通う学生(要学生証の提示) 400 円

松江藩士山口家は、関ヶ原の戦いで西軍について断絶した大聖寺城主の山口宗永を祖とします。かろうじて生き残った子が松江藩主となる松平直政に仕え松江藩士となり、江戸時代を通じて中老・番頭を勤める上級藩士として藩政に関わりました。
本展では、明治維新後、東京に出て財務官僚となった山口宗義、西洋建築家で熊本五高などを設計した半六、物理学者で学習院院長となった鋭之助、宗義の子で日本海軍の提督として真珠湾攻撃やミッドウェー海戦で航空艦隊を率いた多聞など、近代日本の礎となった山口家の人々を紹介します。