イベント

演劇・舞踊

ケータイ・クローン2019 ~きみはひとりじゃない~

幼なじみの少年の一途な想いが少女の闇に一筋の光をもたらした。すれ違ってしまった家族がもう一度、手を取り、歩きだす物語。

開催場所
雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール
主催
主催/劇団Yプロジェクト
共催/株式会社キラキラ雲南「チェリバホール演劇共催事業(公募プログラム)」
後援/島根演劇ネット
助成/公益信託しまね文化ファンド、ごうぎん島根文化振興財団
お問い合わせ先
劇団Yプロジェクト
開催日時
  • 日程 2019年 9月29日 ~ 2019年 9月29日
  • 開場 13:30
  • 開演 14:00
料金
  • 一般前売 2,000 円
  • 一般当日 2,500 円
  • 大学生以下前売 800 円
  • 大学生以下当日 1,000 円

<あらすじ>

セレブな園崎家の一人娘「あすか」と、隣に住む庶民的な今野家の一人息子「大樹」は幼なじみだった。中三の二学期始業式の日、あすかはスマホを持たせてもらい、すぐに同級生とSNSのやり取りに夢中になる。

あすかは親の勧めでクラスで一人だけ名門校を志望していたが、みんなと同じ公立高校に志望校を変えた。

しかし、同級生は恵まれたあすかのことをねたんで無視し、あすかの個人情報をネットで公開する。みんなに裏切られたあすかは不登校になってしまう。

ある日、SNSを通して全く知らない同じ境遇の不登校の子から連絡が来る。

SNSで意気投合し、家を抜け出して会いに行くが・・・

<作品紹介>

スマホをモチーフに友達、恋愛、進路、家族など中高校生の関心事が詰まったストーリー。笑いあり、涙あり、劇場空間を使った斬新な演出で臨場感のある舞台です。2016年以降、学校公演を中心に上演を重ねています。

<過去の公演アンケートより>

○すごくおもしろかったです。泣きました~wケータイもってるんですけど、LINEとかできなくて、したいってずっと思っていて、「ケータイ・クローン」をみたことで、こわいこととかもしっかり学べてよかったです。自分のこともしっかりと守りたいし、とても大切な友達もちゃんと守りたいと思いました。ドラマとかにして、TVで流して、もっといろんな人に見てほしいです!ありがとうございました!(10代)

○ありがとうございました。子どもの気持ち、子どもを思う親の気持ち、子どもを育てる人たちのこと、メディアのこと、自然のこと etc…もりだくさんのメッセージがぎゅっとつまった90分でした。(30代)

○涙でそうでした。孫が育っていく中で、大樹君みたいな子がいてくれたらとしみじみ思いました。そして自分もしっかり見守り、自分を生きなきゃと思いました。ありがとうございました。(60代)