イベント

展示

古代出雲歴史博物館 特別展 子ども/おもちゃの博覧会

国立民族学博物館(大阪府)が所蔵する「玩具及び関連世相資料(多田コレクション)」(大阪府指定有形民俗文化財)を中心に紹介。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、入館にあたっては、マスクの着用、手指消毒、間隔をあけた観覧など感染防止対策を講じています。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

開催場所
古代出雲歴史博物館(特別展示室)
主催
古代出雲歴史博物館
お問い合わせ先
古代出雲歴史博物館
0853-53-5350
開催日時
  • 日程 2021年 7月2日 ~ 2021年 8月22日
  • 時間 09:00 ~ 18:00
休館日
7月27日(火)・8月17日(火)
料金
  • 一般(前売券)※常設展とのセット券 1,000 円
  • 一般 1,000 円
  • 大学生 500 円
  • 小中高生 300 円

おもちゃは子どもたちの遊び道具として非常に身近なものであり、大人にとっても少年少女時代の懐かしい思い出を象徴する存在といえます。

日本において、おもちゃは江戸時代から商品として生産されはじめ、明治時代には海外から近代的な素材や技術、考え方が紹介され大きな変化を遂げました。

その後も、戦争や高度成長期におけるマスメディアの普及など、おもちゃは世相を反映して変化を続けてきました。
本展では、国立民族学博物館(大阪府)が所蔵する「玩具及び関連世相資料(多田コレクション)」(大阪府指定有形民俗文化財)を中心に、江戸時代から昭和時代にかけての様々な資料をとおして、おもちゃの歴史を紹介するとともに、社会と子どもたちの関係について考えてみたいと思います。

※この特別展は、平成31年3月21日から5月28日まで国立民族学博物館で開催された特別展「子ども/おもちゃの博覧会」の巡回展です。

備考

7月2日は午前10時開場

7月27日(火)・8月17日(火)休館

特別展「子ども/おもちゃの博覧会」ポスター