イベント

映画

[事前申込受付中]11月名画劇場×第30回しまね映画祭『トキワ荘の青春 デジタルリマスター版』

1950年代、東京の片隅のアパートに集まった漫画家たちの青春グラフィティ

開催場所
島根県民会館(中ホール)
主催
(公財)しまね文化振興財団
お問い合わせ先
島根県民会館チケットコーナー
開催日時
  • 日程 2021年 11月13日 ~ 2021年 11月13日
  • 1回目開場 13:15
  • 1回目上映 14:00 ~ 15:50
  • 2回目開場 17:45
  • 2回目上映 18:30 ~ 20:20
料金
  • 一般 1,000 円
  • 学生(小学生以上25歳以下) 500 円
  • 一般5枚セット券 4,000 円
  • 未就学児 無料

漫画家の卵たちが過ごしたトキワ荘での日常を、史実に基づきフィクションとして仕上げた珠玉の青春映画。夢多き若者たちが切磋琢磨した温かくもほろ苦い青春の思い出が、懐かしき昭和の空気感そのままに、誕生から25年の時を経てデジタルリマスターでよみがえる。
トキワ荘の兄貴分的存在だった寺田ヒロオ役を演じたのは本木雅弘。個性派俳優として注目を集めていた彼は、本作での禁欲的ともいえる静かな演技により、見事に新境地を切りひらいた。寺田を囲む漫画家たちとして、大森嘉之、阿部サダヲ、古田新太、生瀬勝久、鈴木卓爾、さとうこうじ、翁華栄ら、当時の小劇場、自主映画で活躍していた若手俳優が総出演。今ではみな日本映画界と演劇界を支える存在となった。
 東京都豊島区にある木造アパート「トキワ荘」。そこには“漫画の神様”手塚治虫(北村想)が住み、日夜、編集者たちが彼のもとに通いつめていた。向かいの部屋で暮らす漫画家の寺田ヒロオは、その様子を眺めつつ出版社への持ち込みを続けていた。やがてトキワ荘を去った手塚と入れ替わるように、「藤子不二雄」の藤本弘と安孫子素雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫ら、若き漫画家の卵たちが次々と入居してくる。寺田を中心に「新漫画党」を結成した彼らは、貧しい生活の中でも互いを励まし合い、漫画の未来について熱く語り合う日々を送るが…。
(1995年/110分/日本)

監督:市川準
出演:本木雅弘、大森嘉之、古田新太、生瀬勝久、阿部サダヲ ほか

作品公式サイトはこちら

【連絡先聞き取りのお願い】
・ウェブ申込フォーム、島根県民会館チケットコーナー(電話・窓口)、当日会場入口にて来場者の氏名・電話番号(緊急連絡先)をお伺いしております。 
・チケット未購入(上映当日に購入予定)でもお申込みをいただけます。

ウェブ申込フォームはこちら

【当日の流れ】
・開演45分前(13:15/17:45)から開場・当日券販売を開始します。
・事前申込をされたお客様は受付の必要なく入場いただけます。※当日窓口での申込確認は不要になります。
・当日申込のお客様は入場前に連絡先聞き取り表をご記入いただきます。

【個人情報の取り扱いについて】
・当館で新型コロナウイルス感染症発症の疑いが生じた場合、お預かりした個人情報を保健所等の公的機関に提供する場合がございます。
・個人情報保護法に基づき、島根県民会館が適切に管理し、上記以外の目的には使用いたしません。また、公演日から2か月の経過を目途に速やかに破棄します。

【お客様へのお願い/館内対応について】
・発熱、咳など体調不良の症状のある方はご来館をお控えください。
・マスクの着用、手洗い、消毒液の利用等の感染症対策をお願いたします。
・当日受付にて非接触型体温計での検温を実施します。37.5℃以上の発熱がある方はご入場をご遠慮いただきます。
・従来実施していたブランケットの貸出は行いません。
・お客様対応を行うスタッフはマスク・手袋などを着用しています。
・客席や手すりなどの共用部分には抗菌コーティングを行っています。
・場内は常時空調設備を稼働させ、適切に機械換気を行っています。

備考

※当面の間、託児サービスを休止します。

[プレイガイド]
松江/島根県民会館チケットコーナー、今井書店グループセンター店、松江テルサ、タカキ楽器店、プラバホール
出雲/今井書店出雲店
米子/今井書店本の学校今井ブックセンター、今井書店錦町店
※学生券、5枚セット券は島根県民会館チケットコーナーと上映会場のみ取り扱い

©1995/2020 Culture Entertainment Co., Ltd.