イベント

その他

しまね伝統芸能祭2021 ハレの日

開催場所
島根県芸術文化センター(大ホール)
お問い合わせ先
島根県芸術文化センター
0856-31-1884
zaidan@grandtoit.jp
開催日時
  • 日程 2021年 9月23日
  • 開場 13:15
  • 開演 14:00
料金
  • 一般 1,000 円
  • 会員・大学生以下 800 円

島根県には豊かな自然と風土に育まれ脈々と受け継がれてきた誇るべき伝統芸能や郷土芸能が数多く残されています。

先行きの見通しが難しい日々が続いていますが、生きていくうえで不可欠な明日への活力になることを願い、日常生活から解放される「ハレ」の日とそこから派生する「祭」をテーマに「しまね伝統芸能祭2021」を開催します。

笑顔があふれだす。そんな一日になりますように。

◆出演予定団体・演目紹介

益田東高等学校神楽部「塩祓」(益田市)

<見どころ>

東西南北の四方を舞い清めて、神々を待つ準備を整えます。この舞には石見神楽の基本の動作が含まれています。

<社中紹介>

平成15年に益田地元社中の協力の下、神楽同好会を発足、その後、神楽部へ。文化祭や予餞会等の学校行事、地域の催しや福祉施設などで上演。日本遺産に認定された石見神楽の素晴らしい伝統を少しでも繋げていきたいとの気持ちで日々練習に励んでいます。

都治神楽社中「恵比須」(江津市)

<見どころ>

結婚式などで舞われることも多いおめでたい神楽。子どもにも大人気!

<社中紹介>

昭和44年の発足以来、神社の例祭はもとより県内外の諸行事へ積極的に参加。社中の基本理念として、「残胸再観」(お客様の胸に残り再び観たいと思っていただく)を旨として社中一丸となり古典的な神楽あるいは新曲神楽の習得に精進、研鑽を重ねている。

安来節保存会「安来節・どじょうすくい」(安来市)

<見どころ>

どじょうすくいのコミカルな動きに大笑い!

<保存会紹介>

北前船の船頭たちによって全国の民謡や、田植歌、船歌などが盛んに交流し、それに独創性を加えた「さんこ節」をさらに改良したものが安来節の原型。安来節演芸館では一日4回安来節、民謡、銭太鼓、どじょうすくい(男踊り)、女踊りが楽しめます。

 

石見神楽須子社中「岩戸」(益田市)

<見どころ>

石見神楽を代表する神々しい演目

<社中紹介>

昭和45年ごろ神楽同好会として設立、昭和48年「須子神楽社中」として本格的に活動開始、平成14年「石見神楽須子社中」と改名。地元神社の秋季例大祭での神楽奉納のほか、県内外の各種イベントにも出演。

◆司会

小林泰三((株)小林工房)

原田笑(フリーアナウンサー)

<どじょうすくい体験ワークショップ in グラントワ>

公演前のひとときに、ご家族で、お仲間同士で、どじょうすくいを体験してみませんか?

たくさん写真を撮って楽しい思い出に!

定員10名(予定) ※事前予約制・定員に達し次第締め切り

日時: 9/23(木・祝)11:00~(約20分)

会場: グラントワ中庭

参加費:1,000円(手ぬぐい、鼻あて、保険料込)

申込方法:申込フォームに必要事項を入力の上お申し込みください。

申込フォームはこちら

*申込開始:8/1(日)9:00受付開始

*参加者の年齢・性別・経験は問いません

*新型コロナウイルス感染防止対策を行いながら実施します。

*雨天の場合、大ホールホワイエにて開催します。

 

<島根の魅力発信>

昨年(2020年)の「しまね伝統芸能祭」の取り組みとして、島根県内で継承されている伝統芸能の魅力を多言語で国内外へ発信しています。

今年の公演の様子もダイジェスト版(英語字幕付き)で公開予定です。

しまね伝統芸能祭特設サイトはこちら

グラントワHP▼

http://www.grandtoit.jp/event/4293

備考

プレイガイド:

ローソンチケット(Lコード:62465) https://l-tike.com/ ローソン店頭

島根県芸術文化センター「グラントワ」総合案内カウンター (TEL/0856-31-1871)

江津市総合市民センター TEL/0855-52-2155)

※未就学児膝上鑑賞無料。但し座席が必要な場合は有料。

※無料託児サービスあり(9/16(木)までに要申込 グラントワ TEL0856-31-1860)

※前売券完売の場合、当日券の販売はございません。

※車椅子ご観劇エリアをご希望の方は事前にお問い合わせください。