イベント

講演

第123講アシカル講座「栄養面からみる縄文食と先史時代の北欧食」

グローバルに学ぶ 先史時代

開催場所
島根大学 生物資源科学部3号館(島根大学松江キャンパス内、総合博物館アシカルの上階)(202教室)
主催
島根大学総合博物館
島根大学法文学部山陰研究センター「既掘考古資料の集成検討および一括資料群の再検討による山陰地域社会の動態的研究」プロジェクト
島根大学古代出雲プロジェクトセンター
お問い合わせ先
島根大学総合博物館アシカル
0852-32-6496
museum@riko.shimane-u.ac.jp
開催日時
  • 日程 2021年 11月27日 ~ 2021年 11月27日
  • 開演 13:00 ~ 14:30
料金
無料
対 象:市民一般・大学生・高校生
定 員:48名
その他:
事前申し込み制 お申し込みはこちらから≫
・参加費無料
・会場での対面受講の際は、新型コロナ感染症対策にご協力をお願いいたします。(3密回避・マスク・消毒・検温など)
 

 日本列島の縄文人がどんな食べ物を食べていたのか、そして北欧の先史人がどんな食べ物を食べていたのか、遠く離れた2つの地域を比較して解説します。

講師:小松彩(ノルウェー トロムソ大学博物館 研究員・島根大学総合博物館 学外協力研究員)

チラシ