イベント

展示

<企画展>松江藩と絵図-花開いた地図の世界-

開催場所
松江歴史館(企画展示室)
お問い合わせ先
松江歴史館
0852-32-1611
rekishi1607@mable.ne.jp
開催日時
  • 日程 2022年 2月4日 ~ 2022年 4月10日
  • 開館時間 09:00 ~ 17:00
休館日
月曜日
※ただし3月21日(月)は開館、3月22日(火)は休館
料金
  • 大人 500 円
  • 小・中学生 250 円

約200年前の文政4年(1821)、伊能忠敬の全国測量事業により完成した日本図「大日本沿海輿地全図(伊能図)が幕府に上程されました。この測量隊が必要とする絵図を作製した神田助右衛門親子は、藩領内を測量し、伊能図をしのぐ正確さを誇る松江藩領の「十郡絵図」を作製して、文政4年にはその小地図を藩に提出しています。
本展では、このような国絵図のほか郡絵図や城絵図(絵画的表現を用いた地図)の一端を展観し、江戸時代に多くの地図が作製されて広まっていく様子をたどります。

備考

【関連イベント】
◆記念講演会
①「江戸時代に花開く地図の世界」
日時/2月12日(土)14:00~15:30
講師/上杉 和央氏(京都府立大学准教授)

②「江戸後期の地図事情と神田家」
日時/2月23日(水・祝)14:00~15:30
講師/岡 宏三 氏(島根県立古代出雲歴史博物館専門学芸員)

③「斐伊川東流 新たな知見」
日時/3月6日(日)14:00~15:30
講師/大矢 幸雄 氏(松江市史編さん委員〔絵図地図部会長〕)

場所/松江歴史館 歴史の指南所
定員/各60人 ※要申込、先着順
聴講無料

◆ギャラリートーク
学芸員による解説を聞きながら展示をご覧いただけます。
日時/2月6日(日)、2月20日(日)、3月13日(日)14:00~15:00
場所/企画展示室
※参加は無料ですが企画展観覧券が必要です

<関連ミニ展示>旅と地図を広めた木版印刷―「出雲神社巡拝記」とその版木―
日時/3月1日(火)~4月3日(日)
場所/展示室前
観覧無料