イベント

講演

いにしえ倶楽部連続 発掘調査最新情報 -しまねの岸辺を掘る!-

わかりやすい解説が考古ファンにご好評の恒例企画。松江では1年ぶりの開催!

開催場所
島根県埋蔵文化財調査センター
お問い合わせ先
島根県埋蔵文化財調査センター
maibun@pref.shimane.lg.jp
開催日時
  • 日程 2022年 7月31日 ~ 2022年 7月31日
  • 開場 13:00
  • 実施時間 13:30 ~ 15:30
料金
無料

近年埋蔵文化財調査センターでは、県内各地で河川改修工事関連の発掘調査を行ってきました。調査の結果、奈良時代にさかのぼる大橋川の護岸施設や、江の川下流に位置する大規模な遺跡、宍道湖に接する松江城下町などが確認されました。今回の講座では、遺跡の内容や価値、発掘調査でわかった新たな事実や歴史的意義などについて、調査を担当した専門職員がわかりやすくご説明します。

報告1「ついに発見!?「朝酌渡」推定地の発掘調査」
            朝酌矢田Ⅱ遺跡(松江市)
            報告:岩崎孝平(埋蔵文化財調査センター主任主事)
報告2「江の川河口部最大級の拠点遺跡」
            森原下ノ原遺跡(江津市)
            報告:仁木 聡(埋蔵文化財調査センター調査第1係長)
報告3「宍道湖岸にみる松江城下町の展開」
            松江城下町遺跡【魚町6-4外】(松江市)
            報告:東山信治(埋蔵文化財調査センター調査第2課長)

備考

申し込み方法:はがき、電話、FAX、Eメールのいずれかで①参加者氏名(同伴者がある場合は同伴者氏名)②住所③電話番号に7/31連続講座申込」と添えて申込みください。新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症の流行状況により予定を変更する場合があります。
講座の様子は後日、島根県公式YouTubeチャンネルで公開予定です。

チラシ