イベント

展示

特別展「出雲・石見・隠岐の古墳文化」

新型コロナウイルスの県内感染状況によっては中止・内容の変更をする場合があります。

開催場所
島根県立八雲立つ風土記の丘
主催
島根県立八雲立つ風土記の丘
お問い合わせ先
島根県立八雲立つ風土記の丘
0852-23-2429
開催日時
  • 日程 2022年 9月10日 ~ 2022年 11月20日
  • 開館時間 09:00 ~ 17:00
休館日
火曜日(9月13日は臨時開館)
料金
  • 一般 300 円
  • 大学生 200 円
  • 高校生以下 無料

近年、古墳時代の出雲各地でおこなわれた祭祀や玉造の実態があきらかとなりつつあるほか、石見では益田市域を中心に重要な古墳の発掘調査や資料の再検討が盛んにすすんでいます。また、全国的にみても希少かつ重要な金属製品や土器が奥出雲~邑南地域で認めることができます。隠岐の島町では、古墳時代後期から奈良時代の首長が代々埋葬された大座西2号墳の実態が解明されるなど、島根の古墳時代研究はあたらしい局面を迎えました。

本特別展では、おなじみの出雲の資料を近年の研究成果をふまえてみなおすほか、これまであまり顧みられてこなかった石見・隠岐の重要な資料に光をあてます。この二つの視点から、島根の古墳文化を紐解いてみましょう。

備考

新型コロナウイルス感染症拡大防止へのご協力のお願い
・マスクの着用、手洗い、アルコール消毒などの感染症対策にご協力下さい。

奥出雲町上方林遺跡出土金銅製品(奥出雲町教育委員会蔵)