イベント

展示

古代出雲歴史博物館 ミニ企画「修理完成記念 櫨匂威鎧残闕と甘南備寺の文化財」

ハゼノキ(櫨)が紅葉したような美しい色合いのグラデーション(匂)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、入館にあたっては、マスクの着用、手指消毒、間隔をあけた観覧など感染防止対策を講じています。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

開催場所
古代出雲歴史博物館(常設展示室)
お問い合わせ先
古代出雲歴史博物館
0853-53-5350
開催日時
  • 日程 2022年 8月3日 ~ 2022年 8月22日
  • 開館 09:00 ~ 18:00
休館日
※会期中無休
料金
  • 常設展一般 620 円
  • 常設展大学生 410 円
  • 常設展小中高生 200 円

 江津市桜江町に所在する古刹・甘南備寺(かんなみじ)には、平安時代の大変古く貴重な鎧が伝えられてきました。現在は一部が残るのみですが、その美しい色合いから「櫨匂威鎧残闕(はじにおいおどしよろいざんけつ)」の名で国の重要文化財に指定されています。
 本作は令和3年度に修理が施され、クリーニングや収納箱の新調、残闕の再配置などが行われました。この修理完成を記念し、甘南備寺に伝わる文化財とあわせて、期間限定で展示いたします。豪壮かつ華麗な、平安時代の鎧の姿に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

備考

最終入館は17時30分

櫨匂威鎧残闕 甘南備寺所蔵