イベント情報

ワークショップ

島根県民会館インクルーシブシアター・プロジェクト 舞台芸術における音声ガイド解説者養成講座 受講者募集!

開催場所
島根県民会館
主催
主催/島根県・公益財団法人しまね文化振興財団(島根県民会館)
お問い合わせ先
島根県民会館文化事業課 インクルーシブシアター・プロジェクト係
0852-24-0109
開催日時
  • 日程 2019年 9月12日
  • 受付 16:15
  • プログラム1 16:30 ~ 17:30
  • 受付 18:00
  • プログラム2 18:30 ~ 20:30
料金
無料

演劇やダンス、映像を音声で楽しむ鑑賞オプション「音声ガイド」をご存知ですか?
視覚情報を言葉に置き換えて伝える音声ガイドは、主に視覚に障害がある方へのサポートとして提供され、
最近では、見える見えないを超え舞台や映像の新しい楽しみ方につながる可能性も注目されています。
島根県民会館では、昨年度に引き続き、誰もが芸術を楽しめる環境をつくっていくための一歩として、音声ガイド解説者養成講座を開催します。舞台芸術が好きな方はもちろん、アナウンスやナレーションなど言葉で伝えることに興味のある方など、この機会に音声ガイド解説者を体験し学んでみませんか。
ご応募お待ちしております。

★スケジュール★
<プログラム1> 16:30~17:30(受付16:15~)
舞台芸術における音声ガイドとは
講師:田中京子(ユニバーサル鑑賞推進団体 ReadingAct)

<プログラム2> 18:30~20:30(受付18:00~)
ダンサー・田畑真希さんによる「みえるみえないをこえるダンスワークショップ」を体験

※今回の体験ワークショップ以後、1月19日開催のダンス公演に向けて月一回程度、養成講座を行ないます。
(1月は集中講座を行い、希望者は公演にて実践を行います)

講師プロフィール
◆田中京子(プログラム1講師)
鳥取県を拠点に障害者の鑑賞サポートに従事。2007年より映画の音声ガイド制作に携わる。2013年ユニバーサル鑑賞推進団体Reading ACTを団体化し、音声ガイド制作・実施のための勉強会を主宰。2014年「全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会」の音声ガイドを生放送で担当。「ビッグ・アイ・アートフェスティバル2016(国際障害者交流センター)」ではストリートダンスなど多彩なパフォーマンスの解説を行った。

 

ファイル ダウンロード

備考

★ダンスワークショップに参加します。
動きやすい服装でお越しください。必要に応じてタオル、飲み物をご用意ください。

【申込方法】
氏名、年齢、住所、連絡先電話番号を記入の上、メールにてお申込ください。
メールアドレス→ shimane-itp@cul-shimane.jp