イベント情報

映画

7月名画劇場『偶然と想像』

世界が最も注目する「ドライブ・マイ・カー」濱口竜介監督、初の短編集。 驚きと戸惑いの映画体験がいま、始まる−。

開催場所
島根県民会館(中ホール)
主催
公益財団法人しまね文化振興財団(島根県民会館)
お問い合わせ先
島根県民会館チケットコーナー
開催日時
  • 日程 2022年 7月9日 ~ 2022年 7月9日
  • 1回目開場 13:15
  • 1回目上映 14:00
  • 2回目開場 17:45
  • 2回目上映 18:30
料金
  • 一般 1,000 円
  • 学生(小学生以上25歳以下) 500 円
  • 一般5枚セット券 4,000 円
  • 未就学児 無料

2021年カンヌ映画祭では『ドライブ・マイ・カー』が脚本賞ほか4冠、アカデミー賞で国際長編映画賞、本作が第71回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞するなど、世界が最も注目する監督のひとりとなり、また日本映画の新しい時代をリードする存在となった濱口竜介。
「偶然」をテーマに3つの物語が織りなされる初の、そして自身が「このスタイルをライフワークとしたい」と語る「短編集」。

<物語>
偶然 – それは、人生を大きく静かに揺り動かす

第1話「魔法(よりもっと不確か)」
 撮影帰りのタクシーの中、モデルの芽衣子(古川琴音)は、仲の良いヘアメイクのつぐみ(玄理)から、彼女が最近会った気になる男性(中島歩)との惚気話を聞かされる。つぐみが先に下車したあと、ひとり車内に残った芽衣子が運転手に告げた行き先は──。

第2話「扉は開けたままで」
 作家で教授の瀬川(渋川清彦)は、出席日数の足りないゼミ生・佐々木(甲斐翔真)の単位取得を認めず、佐々木の就職内定は取り消しに。
逆恨みをした彼は、同級生の奈緒(森郁月)に色仕掛けの共謀をもちかけ、瀬川にスキャンダルを起こさせようとする。

第3話「もう一度」
 高校の同窓会に参加するため仙台へやってきた夏子(占部房子)は、仙台駅のエスカレーターであや(河井青葉)とすれ違う。
お互いを見返し、あわてて駆け寄る夏子とあや。20年ぶりの再会に興奮を隠しきれず話し込むふたりの関係性に、やがて想像し得なかった変化が訪れる。
(2021年/121分/PG12/日本)

監督・脚本 濱口竜介
出   演 第1話/古川琴音、中島歩、玄理
      第2話/渋川清彦、森郁月、甲斐翔真
      第3話/占部房子、河井青葉

作品公式サイトはこちら

【個人情報の取り扱いについて】
・当日会場入口にて、来場者連絡先聞き取り票(氏名・電話番号)をご記入いただきます。
・当館で新型コロナウイルス感染症発症の疑いが生じた場合、お預かりした個人情報を保健所等の公的機関に提供する場合がございます。
・個人情報保護法に基づき、島根県民会館が適切に管理し、上記以外の目的には使用いたしません。また、公演日から2か月の経過を目途に速やかに破棄します。

※2022年4月上映より、web申込フォームおよび電話、来館での事前申込は取りやめ、当日会場入口での用紙記入に統一いたします。

【お客様へのお願い/館内対応について】
・発熱、咳など体調不良の症状のある方はご来館をお控えください。
・マスクの着用、手洗い、消毒液の利用等の感染症対策をお願いたします。
・当日受付にて非接触型体温計での検温を実施します。37.5℃以上の発熱がある方はご入場をご遠慮ください。
・従来実施していたブランケットの貸出は行いません。
・お客様対応を行うスタッフはマスク・手袋などを着用しています。
・客席や手すりなどの共用部分には抗菌コーティングを行っています。
・場内は常時空調設備を稼働させ、適切に機械換気を行っています。

ファイル ダウンロード

備考

本作品はPG12に指定されています。12歳未満の方の鑑賞には、成人保護者の助言や指導が必要です。
全席自由
※託児サービスは休止しています。

[プレイガイド]
島根県民会館オンラインチケット「シマチケ」
松江/島根県民会館チケットコーナー、今井書店グループセンター店、松江テルサ、タカキ楽器店
出雲/今井書店出雲店
米子/今井書店本の学校今井ブックセンター、今井書店錦町店
※学生券、5枚セット券は島根県民会館チケットコーナーと上映会場のみ取り扱い

(C) 2021 NEOPA / fictive